「やさいバス」、ヤマト運輸の宅急便と連携した農産品流通サービスをスタート

やさいバス株式会社とヤマト運輸株式会社は、2020年6月8日から一部地域より、「やさいバス」のシステムとヤマト運輸の宅急便ネットワークの連携による新しい農産品流通サービスを開始した。

販路拡大をサポート


ECを通じてあらゆる商品やサービスを消費者に直接販売することが可能になったが、農産品流通においては出荷団体を介した販売が多くの割合を占めている。その要因には、生産者の高齢化などで、ECを活用した販路開拓の仕方がわからない、物流面でも小ロット多頻度の輸送手段や購入者の希望する輸送品質の確立が必要になるなどさまざまな課題も。

こうした課題解決に向けて、農産品の生産者と購入者を繋ぐシステムを持つやさいバスと、日本全国に張り巡らされた宅急便ネットワークを持つヤマト運輸両社が、経営資源を掛け合わせることで、ECを活用した販路開拓と、送り状の準備などの出荷業務効率化を支援する、新しい農産品流通サービスを提供することとなった。

6月8日のサービス開始時点では静岡県、長野県、神奈川県、東京都、茨城県における生産者から購入可能。今後、中部地域、関東地域を中心に順次拡大していく予定。

生産者・消費者ともにメリットを得られる

まず生産者のメリットとしては、やさいバスサイトに出品することで遠隔地への販路開拓が進められる。また、消費者への直売だけでなく小売店や飲食店などへの直卸しが可能になり、出荷団体を介した販売より、利益率の増加が見込める。

消費者に直接販売することで、農作物を新鮮なまま消費者に届けることができるうえ、両社のシステムの連携により、出荷指示や送り状の準備など出荷業務の効率化も図れるという。

そして購入者のメリットとしては、生産者の顔が見える新鮮で高品質な農産物を、さまざまな地域からスマホなどで簡単に仕入・購入することが可能になる。

販売の流れ


  1. 購入者は、事前にやさいバスのサイトから会員登録。
  2. 購入者から注文を受けた生産者は、やさいバスのサイトに出荷場として登録された宅急便センターに農産品を持ち込む。
  3. 商品は、ヤマト運輸が宅急便ネットワークで輸送。
  4. 購入者は、受取拠点として指定したネコサポステーションで最短翌日に農産品を受け取ることできる。

受取可能店舗情報

現在はヤマト運輸のネコサポステーション3店舗を受取店舗として利用が可能。

・永山店:東京都多摩市永山4-2-3-105
・貝取店:東京都多摩市貝取4-2-1-10
・グリナード永山店:東京都多摩市永山1-4グリナード永山3F

今後は受取拠点として宅急便センターを展開するなど、取扱エリアの拡大を目指すという。

やさいバス
https://vegibus.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。