「九州農業ドローン学校 熊本校」が6月より開校 農業用ドローンの安全運用へ

株式会社レイメイ藤井とマッハロック九州株式会社は、農業用ドローンの認定スクール「九州農業ドローン学校 熊本校」を熊本県合志市に開校した。

同校の開設は、熊本県下における農業用ドローン操縦者の育成とドローンの販売・点検・修理・サービスの充実を目的としたもの。同県北地域では初の認定スクールとなる。

「九州農業ドローン学校 熊本校」で使用されている教習用ドローン
レイメイ藤井は、文具や紙など事務用製品の製造・卸販売を手がける熊本県の製造メーカーだ。
同社は、2016年に発生した熊本地震をきっかけにドローン事業への参入をスタートし、販売や講習、運用方法の提案を行いながら、ドローンが安全に活用される社会の実現に向けた事業活動を推進している。

マッハロック九州株式会社は、電動アシスト自転車やオートバイ、船舶などの販売・点検・修理・サービスを手がける熊本ヤマハ株式会社の関連会社として設立されたICT企業。ネットワークの構築やシステム開発、ホームページ構築等の事業を行うほか、クマモト未来型農産業コンソーシアム推進協議会の会員企業でもある。

クマモト未来型農産業コンソーシアム推進協議会は、熊本県や合志市が参画する産・官・学・民による地域団体。
農家への経営支援、企業誘致、人材育成などを通じて地域の活性化に取り組んでいる。

農業ドローンで地域の生産現場に安全性と効率性を


「九州農業ドローン学校 熊本校」では、以下6つの事業方針のもと、スクールの運営が行われている。

  1. ドローンを安全かつ効率的に活用する実践的な技術を提供。国土交通省認定講習団体として認定証を発行する。
  2. DJIなどドローンメーカーの最新機種の販売ほか機体の保守、機体の修理サービスを提供する。
  3. 圃場への農薬散布、肥料散布、播種、病害虫対策、センシング、鳥獣害対策請負業務を行う。
  4. 農作物運搬を想定したハイブリットドローンや、容易にドローンを運搬できるような器具の開発を行う。
  5. 地域の高校や大学などへドローンの安全啓蒙活動を行う。
  6. 地域と連携し、若い世代が日々を楽しく農業を営む活気あふれる町づくりを行う。

同校では、農業現場での有効活用として、空中からの農薬散布ほかセンシング技術との組み合わせによる病虫害の発生状況等の把握を挙げている。

スクールでの農薬散布風景
害獣駆除では、高齢化などを要因に減少が進む狩猟者の軽減を図るため、害獣の嫌がる音が鳴るスピーカーを搭載したドローンによる追い払いや、照明ライトによる威嚇などの害獣対策を推進する方針だ。

「九州農業ドローン学校 熊本校」の運営が農業分野への初参入となる両社では、「クマモト未来型農産業コンソーシアム推進協議会の協力を得ながら、先進技術を活用した事業を展開したい」とコメントした。


株式会社レイメイ藤井
http://www.raymay.co.jp/
マッハロック九州株式会社
https://mlk.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。