AI灌水制御装置を用いた高品質・高機能トマト「Hapitoma(ハピトマ)」の試験栽培がスタート

AIによる農業支援や農産物の生産等を展開する株式会社Happy Qualityは、農業用ハウスの施工・販売等を手がけるイノチオアグリ株式会社と共同で、高品質・高機能のトマト「Hapitoma(ハピトマ)」の試験栽培を開始した。

今回の試験栽培は、Happy Qualityが開発したAI灌水制御装置の改良とアップデートを目的としたもの。試験栽培で収穫された「Hapitoma(ハピトマ)」は、2020年9月下旬から出荷されている。



Happy Qualityは、AIを活用した先端農業の企画立案や農産物の販売支援等を展開する農業コンサルティング企業。
「農業の新しいStandardをつくる」をビジョンにデータドリブン農業の研究開発を進める。同社の試験農場では、AIやビックデータ、 光学センサ等を用いた高品質・高機能トマト「Hapitoma(ハピトマ)」が栽培されている。

イノチオアグリは農業用ハウスの設計・施工や農業資材の販売、ICTを活用したハウス内環境制御システム等を展開する企業だ。多様な灌水パターンの設定が可能なオリジナル灌水制御盤システム「AQUA BEAT(アクアビート)」を提供する。

高品質・高機能トマト 「Hapitoma(ハピトマ)」


「Hapitoma(ハピトマ)」は、 光センサーによる選果機を用いて計測・選別された高品質・高機能のトマト。通常のトマトと比較し含リコピン量は2倍以上という。


「Hapitoma(ハピトマ)」は、農作物のストレス緩和の機能性を示した表示食品としての認定も受けているほか、天候に合わせた栽培管理を行うことで年間を通した安定生産を可能にしているそうだ。

AI潅水制御装置の普及モデルの完成を目指す


Happy Qualityでは、自社の主力製品である高品質・高機能トマト「Hapitoma」の安定生産を目的に、灌水装置に関するAIの研究を進めてきた。

2017年にスタートした静岡大学情報学部との共同研究では、「葉のしおれを画像認識により分析・潅水するAI潅水システム」を開発。これにより、多様なセンサによるデータ収集システムと深層学習を用いたAI潅水システムの確立に成功したという。

トマト生産は、日照量による果実表面温度や飽差、 蒸散量等を鑑みた潅水コントロールなど高度な栽培技術を要すると言われている。
今回の試験栽培は、AI潅水制御装置の普及モデルの完成を目指したもの。将来的にはHappy QualityのAI潅水システムと、 イノチオアグリの灌水制御盤システム「AQUA BEAT(アクアビート)」を組み合わせ、新たなAI潅水制御装置を開発したい考えだ。



株式会社Happy Quality
https://happy-quality.jp/
イノチオアグリ株式会社
https://www.ishiguro.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。