ソニー、ミラーレス一眼「α」シリーズを搭載可能な国産ドローン「Airpeak」を「CES 2021」にて初公開

ソニー株式会社は、AIロボティクス領域で推進するドローンプロジェクトにおいて「Airpeak」の機体を「CES 2021」で初めて公開した。


「CES」とは毎年1月に米国・ラスベガスで開催されている電子機器の見本市。2021年は1月12日から14日まで開催される。

ソニーによれば、「Airpeak」というブランド名は、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献する志が込められており、その第一弾として2021年春に、プロフェッショナル映像制作領域へ向けて事業を展開する予定だ。

ミラーレス一眼「α」シリーズを搭載可能なプロ向けドローン


ソニーならでは特徴として、自社で開発しているフルサイズミラーレス一眼カメラ「α」を搭載可能としており、高画質空撮映像を実現している。「Airpeak」はフルサイズミラーレス一眼カメラを搭載可能なドローンとして、業界最小クラスとなるという。ダイナミックな撮影や緻密で安定した飛行を可能とし、新たな表現の可能性を追求しながらエンタテインメント市場への貢献を目指す。

撮影に特化した国産ドローンに期待


今回の発表では農業分野には触れられてはいないが、2020年末に米国が中国のドローン最大手企業DJIへの禁輸措置を行っており、、今後少なからず日本にも影響が出てくる可能性がある。

幸いにも農薬散布などに用いる農業用ドローンについては、エンルートやヤマハ発動機をはじめ、多くの国内企業が製品化・販売しているが、画像や映像を撮影するドローンに関してはDJIが圧倒的なシェアを占めている。リモートセンシングのための画像・映像撮影の作業を、より高精細に行える国産ドローンの選択肢が増えることになる。開発が進めばより小型・高精細なモデルも登場するだろう。

なお、ソニーではプロジェクトに関連する情報を継続的に発信していくとともに、「Airpeak」を体験する機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得る「プロフェッショナルサポーター」の募集を2020年12月よりスタート。春からの商品化に向けて共創活動を行っていくという。

※ Airpeakは、ソニー株式会社の商標です。


Airpeak https://www.sony.co.jp/SonyInfo/airpeak/?j-short=airpeak
プレスリリース
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202101/21-003/
ソニー
https://square.sony.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。