農作業をマッチング「アグリウィズ」スタート|営農家同士が支えあう仕組みづくり

2019年7月1日、渡辺パイプ株式会社(本社:東京都中央区築地5丁目6番10号 浜離宮パークサイドプレイス6階 代表取締役社長:渡辺 元)は、会員同士が農業に関する困りごとや、できることを互いに助け合えるマッチングWebサービス、「アグリウィズ」の提供をスタートした。

農作業マッチングWebサイト「アグリウィズ」


アグリウィズは、農業に関わる人やモノ、情報をマッチングできるWebサービスで、困りごとの解決や農作業の依頼、売り先の開拓等にも使えるマッチングサイトだ。


サイト内では会員同士での農作業の請負や農作物の売買、農機具の貸借、売買等が行える。サービス内容は以下の通りだ。

  1. 農作業請負
  2. 農機具貸借
  3. 農機具売買
  4. 農作物売買
  5. 販促物製作

アグリウィズの仕組みとメリット


アグリウィズの特徴

  • 代金のやり取りを仲介(ユーザー同士が代金を直接やり取りせず、アグリウィズが代金のやり取りを仲介。トラブルの未然防止)
  • 本人確認サービス(アグリウィズは身元が保証された、「本人確認済み」のユーザーを選んで取引。信頼できる相手との安心した取引)
  • 賠償・障害保険が付帯(農作業請負サービスにおいて「賠償責任保険」「傷害保険」が適用)

 

農作物の売買や農機具の貸借、売買において懸念されるのが金銭面でのトラブルだが、同サービスはアグリウィズが仲介し、これらのトラブルを未然に防止する。また、利用社は身元が保証された「本人意確認済み」のユーザーを選べるため、信頼できる相手と安心して取引できるのもポイントだ。

さらに農作業請負サービスでは賠償責任保険や傷害保険が付帯するため、作業中の万が一の事故にも保険金が支払われる仕組みとなっており、利用者の安心を考慮したサービス内容となっている。

人手不足の解消や情報交換・交流の場として


渡辺パイプはアグリウィズ開発にあたり、農家の人手不足や設備投資の負担軽減を目的とした、プロ同士が助けあえる場の提供を目指している。

例えば、栽培作物や地域差によって各農家ごとに繁忙期と閑散期は異なる。忙しい時期には自身の農場で働ける別の農家を探し、手の空いた時期は別農家の手伝いに回るなど、年間を通じた作業量の均一化を図る。

ほかにも、営農家が安心して農業を続けられるような環境構築や販路拡大の場としても利用できるよう、今後もサービスを充実させていく考えだ。

<参考URL>
渡辺パイプ株式会社
アグリウィズ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。