東京産野菜の100円販売で都産都消を目指す「東京野菜応援プロジェクト」開催中

2019年8月31日より、一般社団法人東京野菜普及協会は東京野菜の生産拡大や普及、農地・環境の保全を目的とした「東京野菜応援プロジェクト」を実施する。9月6日までのキャンペーン期間中は、都内スーパーにて100円の東京産野菜を購入することが可能だ。


地域ブランドとしての「東京野菜」へ

一般社団法人東京野菜普及協会は、大田市場の青果仲卸業者である株式会社大治が中心となり、練馬区や調布市、小笠原諸島に至る都内約70戸の農家とともに設立した組織だ。同協会は、加盟農家が生産した野菜を「東京野菜」としてブランド化し、都内のスーパーや飲食店に提供するほか、各種販売イベントでのPR活動にも取り組んでいる。

東京野菜は、東京全域で生産される野菜の総称。東京は、おもな生産地域が南の温暖な気候に育つ野菜の北限エリアであるのと同時に、北の寒い地域で生産する果物の南限エリアにも位置している。加えて、都内には多様な栽培地域があることから、年間を通じて種類豊富な野菜の生産ができるのも特長だ。

また、同協会が推進している「都産都消」に取り組むことで、大消費地である都内に新鮮な野菜を供給できるほか、配送のコストやCO2の排出量を抑えることも可能となる。


同協会では2019年8月末、東京野菜の特質やそれらを都内で消費するメリットを汲み、「東京野菜応援プロジェクト」を開始すると発表した。同プロジェクトは、東京野菜の普及をはじめ、東京農業の課題でもある農家数や農地面積の減少、配送によるCO2排出量などの問題解決を目的としたものだ。

取り組みの第一弾としては、野菜の日である8月31日からの1週間、都内スーパーにて100円で東京野菜を販売する「応援!100円東京野菜」キャンペーンを実施する。


キャンペーン価格の仕組みは、野菜価格の一部を協賛企業の「応援支援金」で賄い、通常の卸値が120円の場合には応援金を50円補填し、卸値を70円に値引くことで実現する。農家からの仕入れ価格は維持しながら小売店への納入単価を引き下げ、販売価格を100円にする形だ。応援支援金は、協賛企業の広告料やキャペーン告知費用などにも活用していく。

同協会は、これらの取り組みを単なる安売りではなく、農家支援や地産地消の促進に役立てたい考え。東京野菜が持つ「安心安全」の付加価値をもとに、今後も小売店・飲食店などの取扱店舗を増やし、生産拡大や価格の安定化にも寄与していく方針だ。

「応援!100円東京野菜」キャンペーン概要

【第1回キャンペーン期間】8月31日(野菜の日)〜9月6日

【販売場所】スーパーサカガミ ほか数社
※都内流通店舗にて「応援!百援!」シールが貼られた対象生産品を、税抜き100円均一で購入することができる。


【第一弾協賛企業】
金額:一口5万円
特典:ロゴシール1,000枚
<参加企業>(8月20日時点)
彩フードサービス
株式会社We Agri
KANDO株式会社
蔵ダイニング
株式会社サカガミ
ゼリア新薬工業株式会社
株式会社大治
株式会社ファイブ
株式会社ルミネ

【第一弾プチ協賛企業】
金額:一口1万円
特典:ロゴシール100枚
<参加企業>(8月20日時点)
島商株式会社
miniyon TOKYO


<参考URL>
一般社団法人東京野菜普及協会
株式会社サカガミ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。