農業人材専門のマッチングアプリ『農mers(ノウマーズ)』をマイナビがリリース

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行氏)は、農作業専門の人材マッチングアプリ『農mers(ノウマーズ)』を2019年9月30日(月)にリリースした。


農mers(ノウマーズ)とは?

農mersは、働き手を求める農家と農業を始めたい人をつなぐ農作業専門のマッチングアプリだ。

働き手を求める農家は定植や耕運、施肥、栽培管理など人手が不足している作業を登録することができ、農業を始めたい人は希望条件やスキルなどプロフィール情報を登録できる。
詳細を含めた具体的なやりとりは、すべてアプリ内の専用チャットで行われ、終了後は双方がレビューで評価する仕組みだ。

登録や利用に費用は一切かからず、アプリをダウンロードすれば無料でサービスを利用することができる。

農業の新しい働き方

2019年5月に行われたアプリの試験公開では、農業における担い手不足や人材の不定着など、日本農業の問題を解決する手段として大きな注目を集めた。

高齢化や後継者不足、若者の離農など農業人口の減少は年々深刻化しており、数年後にはさらなる大幅な減少も予想されている。特に不足しているのが作物の定植期や収穫期など農繁期の人員で、作業の負担増による生産性の低下や収穫量の低下は農家にとっても大きな問題だ。

同社では農mersを「農業の新しい働き方」として掲げており、将来的には短期的な労働力不足の解消にとどまらず、農家の後継者の創出など農業人口の拡大にも貢献する考えも示している。

<参考リンク>
農mers(ノウマーズ)
マイナビ
マイナビ農業
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。