日本初の農業系動画配信サービス「AGRIs」がスタート プロ農家の経験や栽培技術を次世代につなぐ

株式会社AGRI SMILEによる、プロ農家の経験や栽培技術を次世代につなぐ日本初の動画配信サービス「AGRIs」が、2019年11月1日(金)よりスタートした。


「AGRIs」でつなぐ高度な栽培技術


AGRIsは、高齢化に伴う農業就業人口の減少など、日に日に失われつつある日本のプロ農家の“技術をつなぐ”インターネット上のプラットフォームだ。

AGRIsは以下の3つの機能を備えているという。
  1. 匠の技動画
  2. 農薬データベース
  3. 質問機能

「匠の技動画」は、全国各地のプロ農家の技術を1分動画で紹介するもので、難易度が高く品質や収量への影響も大きいと言われている剪定や摘花・摘果などもわかりやすく解説されている。

「農業データベース」は、およそ1000以上の農薬の中から対応する農作物や病害虫を検索できるほか、希釈倍率や散布量などの使用方法も知ることができる。

「質問機能」は、動画や検索でわからなかったことや実際に栽培で困っていることを、プロ農家や農学研究者に質問することができる機能だ。

AGRIsは、新規就農者や新しい品目に挑戦する農家のみならず、家庭菜園や市民農園など農業を楽しむあらゆる人が活用できるサービスだという。
農業協同組合や農業大学校、農業関連企業などでは、農業の担い手や職員育成の教材としての活用も期待されている。


「農」をつないでいく



暗黙知や経験則のみで伝承されてきた日本の高度な栽培技術


日本の農業人口は減少の一途を辿っており、統計では2018年時点の就農人口はわずか175万人、そのうちの約70%が65歳以上で平均年齢が66.8歳という結果がみられた。

日本農業は家族経営が一般的とされており、技術や知識は親から子へと継承され、その多くが暗黙知や経験則により伝承されてきた。後継者不足が叫ばれている昨今において、高齢化に伴うプロ農家の引退は、長い時間をかけて培われてきた高度な栽培技術の喪失にもつながる社会的問題のひとつだ。

高度な栽培技術の喪失は、生産性の維持のみならず、高品質な農作物の安定的な供給にも障害をもたらす危険性も指摘されている。

AGRI SMILEが掲げる3つのビジョン

同社は、「農をつないでいく」というミッションを自らに課し、3つのビジョンを掲げている。



AGRIsの提供を通じ、失われつつあるプロ農家の経験や技術を次世代へとつなぐことで、農作物の品質向上や生産者の収益向上にも貢献していく考えだ。

<参考リンク>
株式会社AGRI SMILE
AGRIs
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。