日本初の農業系動画配信サービス「AGRIs」がスタート プロ農家の経験や栽培技術を次世代につなぐ

株式会社AGRI SMILEによる、プロ農家の経験や栽培技術を次世代につなぐ日本初の動画配信サービス「AGRIs」が、2019年11月1日(金)よりスタートした。


「AGRIs」でつなぐ高度な栽培技術


AGRIsは、高齢化に伴う農業就業人口の減少など、日に日に失われつつある日本のプロ農家の“技術をつなぐ”インターネット上のプラットフォームだ。

AGRIsは以下の3つの機能を備えているという。
  1. 匠の技動画
  2. 農薬データベース
  3. 質問機能

「匠の技動画」は、全国各地のプロ農家の技術を1分動画で紹介するもので、難易度が高く品質や収量への影響も大きいと言われている剪定や摘花・摘果などもわかりやすく解説されている。

「農業データベース」は、およそ1000以上の農薬の中から対応する農作物や病害虫を検索できるほか、希釈倍率や散布量などの使用方法も知ることができる。

「質問機能」は、動画や検索でわからなかったことや実際に栽培で困っていることを、プロ農家や農学研究者に質問することができる機能だ。

AGRIsは、新規就農者や新しい品目に挑戦する農家のみならず、家庭菜園や市民農園など農業を楽しむあらゆる人が活用できるサービスだという。
農業協同組合や農業大学校、農業関連企業などでは、農業の担い手や職員育成の教材としての活用も期待されている。


「農」をつないでいく



暗黙知や経験則のみで伝承されてきた日本の高度な栽培技術


日本の農業人口は減少の一途を辿っており、統計では2018年時点の就農人口はわずか175万人、そのうちの約70%が65歳以上で平均年齢が66.8歳という結果がみられた。

日本農業は家族経営が一般的とされており、技術や知識は親から子へと継承され、その多くが暗黙知や経験則により伝承されてきた。後継者不足が叫ばれている昨今において、高齢化に伴うプロ農家の引退は、長い時間をかけて培われてきた高度な栽培技術の喪失にもつながる社会的問題のひとつだ。

高度な栽培技術の喪失は、生産性の維持のみならず、高品質な農作物の安定的な供給にも障害をもたらす危険性も指摘されている。

AGRI SMILEが掲げる3つのビジョン

同社は、「農をつないでいく」というミッションを自らに課し、3つのビジョンを掲げている。



AGRIsの提供を通じ、失われつつあるプロ農家の経験や技術を次世代へとつなぐことで、農作物の品質向上や生産者の収益向上にも貢献していく考えだ。

<参考リンク>
株式会社AGRI SMILE
AGRIs
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。