京成上野駅の次世代型EC無人店舗「MISE-demo」にて、「スマート米 玄米」を期間限定販売

株式会社オプティムは、京成上野駅ATMコーナーのならびに設置されている、株式会社タッグが手掛ける次世代型販売システム「MISE-demo」において、「スマート米 玄米」の販売を、2019年6月1日(土)より期間限定で実施する。

京成上野駅ATMコーナー「スマート米 玄米」販売イメージ

「MISE-demo」は、デジタルサイネージを進化させ、EC機能を搭載した次世代店舗。画面に表示されている商品をタップし、QRコードをスマートフォンのカメラでスキャンすることで、簡単に商品購入をできる最先端の買い物体験を提供する。スマート米 玄米の販売は6月30日(日)まで。

2018年産のスマート米 玄米は、ドローン×AIによる圃場の画像分析により必要な箇所にだけ必要最小限の農薬を使用する「ピンポイント散布テクノロジー」で作られた米全体のブランド名で、九州北部を中心として、青森県、千葉県などでもその土地で人気の品種にて展開。2018年のAIによる分析では、散布の必要性がないと判断されたことから数回の散布が必要とされている農薬を一切撒くことなく収穫までこぎつけた。第三者期間による残留農薬検査でも、ほぼ不検出と言える結果が出ている。

また、オプティムは同社が推し進める「スマート農業アライアンス」に参画を表明した農家に、無償でこのドローン×AIによるソリューションを提供。同技術を使用して栽培・収穫された米はオプティム自身が全量買い取りを実施し、「スマート米 玄米」というかたちで販売している。さらに、売り上げが上がるたびにレベニューシェアというかたちで、生産農家側にも売り上げに応じた利益が還元されるという仕組みだ。

■スマート米 玄米に関する記事はこちら
農業×ITが当たり前の世界へ──「スマート米 玄米」に込められたオプティムの思い
2018年産スマート米の残留農薬、 第三者検査機関の調査で「不検出」
「スマート米栽培」を初めて実施した農家に聞くAI×ドローンのメリット

スマート米 玄米は他に、「スマートアグリフーズ直送便」やYahoo!ショッピング「スマートアグリフーズ直送便」、Amazon「スマート米」販売ページでも購入可能となっている。

<参考URL>
株式会社タッグ「MISE-demo」
「スマートアグリフーズ直送便」Webサイト:
Yahoo!ショッピング「スマートアグリフーズ直送便」Webサイト:
Amazon「スマート米」販売ページ:

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。