体と地球に優しいプラントベースフードとは?ヴィーガンとの違いも解説

世界的に注目され日本でも関心が高まりつつあるプラントベースフード。植物性の食品を中心に食べるという点でヴィーガンと混同されることも多いプラントベースフードですが、厳密には摂取可能な食品や考え方で異なる点がいくつかあるようです。

そこで今回はプラントベースフードとはどういった食事法であるかをはじめ、ヴィーガンとの違いや注目を集めている理由を紹介します。


プラントベースフードとは


プラントベースフードとは植物性の食材からなる食品や、それらをより多く積極的に取り入れることをコンセプトとした食生活のことを指しています。プラントベースフードでは「野菜、果物、全粒穀物、植物油、ナッツ」など植物性の食材を中心にバランスよく摂ることを推奨していますが、乳製品や卵など動物性の食品を食べることも可能です。

アメリカではこうした食事法のことをプラントベースダイエットと呼んでいて、生活習慣病の発生リスクが低下するなどの健康上のメリットからプラントベースフードを選択する人が増えてきています。

ヴィーガンとの違いは?


ヴィーガンは完全菜食主義といって肉類はもちろん、卵、乳製品、魚、はちみつなどのあらゆる動物性食品を摂らない食生活のことです。また、革製品やシルクといった食品以外のものでも動物性の製品は一切使用しないことからもわかるように、動物愛護や脱動物搾取という思いからヴィーガンになることを選択する人が多いのも特徴です。

一方でプラントベースフードは、健康志向や環境保護を主な目的にしていることが多いことや、動物性の食品を食べることもあることから、ヴィーガンとは違うことがおわかりいただけるかと思います。

サステナブルな食生活としても注目を集めている


プラントベースフードは健康にいいだけでなく、地球環境の保護にも役立つサステナブルな食生活として注目を集めています。

・畜産由来の温室効果ガス排出削減
日本の農林水産分野の温室効果ガス排出量は、約5000万トンで(2018年度)、そのうち約1370万トンは家畜の排せつ物から発生するメタンや一酸化二窒素と、30%程度を占めています。

特にメタンについては二酸化炭素の次に地球温暖化を進める温室効果ガスであり、牛などの家畜のゲップや排せつ物が大きな要因のひとつです。一方でメタンは温室効果ガスの中でも分解されやすい性質を持っていることから、私たちが行動することにより地球温暖化の速度を抑えることが可能な温室効果ガスとしても注目されています。

メタンや一酸化二窒素の排出源は畜産に限ったことではないものの、プラントベースフードを取り入れる人が増え、将来的に家畜の飼育数が減少し、畜産由来の温室効果ガスが削減されることで気候変動の緩和につながる可能性を秘めています。

・水資源の節約
家畜が肉として出荷できる状態になるまでにはたくさんの水が使用されているのをご存知でしょうか。数年かけて飼育される牛では特に水の消費量が多く、1kgの牛肉を作るにはその約20000倍もの水が必要だとされています。これは単に飲料用というよりも、牛の飼料となる穀物を生産する際に多くの水が使われているということ。肉食を控えてプラントベースフードに移行することで、水の使用量の大幅な削減が可能です。

日本は比較的水資源が豊富な国ではありますが、渇水が全く起こらないかというとそうではありません。また私たちが食べている牛肉のほとんどは海外からの輸入であることからも、世界で起こっている干ばつや水資源の枯渇といった問題にも目を向ける必要があります。

・食糧問題の解決策
国連の調査によると現在77億人とされている世界の人口は、2050年までに97億人にも達するという予測がされています。そうなれば当然穀物や肉類などの消費量も増加することとなり、食糧の生産性を高める必要があります。さらに地球温暖化による自然災害を原因とした農作物の不作など、さまざまな要因で食糧不足が起こる可能性があるのです。

肉類の供給を増やすには今以上に大量の穀物や土地を必要とすることからも、植物性のタンパク質源を摂る生活にシフトすることで食糧不足の解決につながると考えられています。

国内におけるプラントベースフード取り組み事例


日本ではまだまだ馴染みの薄いプラントベースフードですが、大豆ミートを使用したお弁当やレトルト食品などがコンビニで販売され始めるなど、気軽に入手できる場所が増えてきているようです。

スウェーデン発の家具ブランド「IKEA」では、2020年から肉や卵を使用しないで作られたプラントベースフードメニューの提供が始まり話題になりました。

また、これまでのプラントベースフードは健康意識の高い人たちだけが実践する食生活というイメージが強かった中、2021年に誕生したプランベースフードブランド「2foods」では、ヘルシーでありながらジャンクフード的な味と見た目を併せ持った食品の開発を行っています。現在は渋谷や六本木など都内に5店舗がオープンしていて、植物性の食材や体に優しい素材にこだわった食事やデザート、ドリンクなどを楽しむことができるようです。

2021年3月にはパソナ、カゴメ、不二製油ら日本の15企業が連携し、植物性食品を取り入れたライフスタイルの普及を目指すための「Plant Based Lifestyle Lab」が設立されるなど、日本でもプラントベースフードへの関心が徐々に高まってきていることが実感できるのではないでしょうか。


今回は健康的で環境保護にもつながる食事法のプラントベースフードについて紹介しました。厳格なヴィーガンと比べて動物性食品を食べることができるプラントベースフードは、食生活を見直してみたいと考える方にとって比較的取り組みやすい食事法です。

まずは自分の体の健康のために週一回など、無理のない程度で始めてみるのもいいかもしれません。



■玄米からプラントベースフードの食生活を始めませんか?


プラントベースフードの食生活では、栄養が十分に取れるのか気になる方も多いでしょう。
そこで、食事のベースとなるお米は、白米よりも栄養価の高い「玄米」にするのがおすすめです。

玄米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイント。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、AI・ドローンなどを用いて農薬の使用量を減らした、農家にも消費者にもやさしいお米です。玄米も安心してお召し上がりいただけます。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。



グリーンカルチャー株式会社「今知りたい!プラントベースの定義について徹底解説 ヴィーガンとの違いは?」
https://greenculture.co.jp/2020/09/16/pbf-definition/
カゴメ株式会社「カゴメはプラントベースフードに取り組みます」
https://www.kagome.co.jp/foodservice/thema_contents/plantbase/
株式会社TWO「2foods」
https://2foods.jp/
IKEA「 植物由来のプラントカツカレーやプラントロールキャベツも! 地球にも体にもやさしい イケアにプラントベースフードの新メニューが登場!」
https://www.ikea.com/jp/ja/this-is-ikea/newsroom/20200909-plant-based-food-pubc3beef20
サイエンスポータル「「食料不足」と「食品ロス」 〜今、世界と日本の食料問題を考える〜」
https://scienceportal.jst.go.jp/gateway/sciencewindow/20191010_w01/
BBC Goodfood「What is a plant-based diet?」
https://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-plant-based-diet
植物性料理研究家協会「プラントベース食が地球環境に優しい3つの理由」
https://plant-origin.org/chikuykankyo-3riyu/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。