残留農薬ゼロのにこまる・さがびよりなどがスマート米・玄米に登場【令和元年産新米】

AIドローンといった先進技術によって、農薬の使用をできるだけ抑えて栽培したお米「スマート米」。
安全・安心な農産物を消費者に届けようと、九州や青森・新潟の生産者と、技術を提供する株式会社オプティムが協業して進める取り組みから生まれたお米です。


このスマート米が今年も収穫を迎え、「スマート米2020」(2019年度産新米)として販売が開始されました。
「スマート米2020」は生産者・品種ごとに第三者機関にて残留農薬検査を実施。残留農薬が「不検出」と証明されたお米を出荷します。

「スマート米2020」(2019年度産)は、昨年販売した「さがびより」「にこまる」「ヒノヒカリ」「まっしぐら」に加え、新たに「夢しずく」「つがるロマン」「コシヒカリ」の3品種を加えた合計7品種にラインナップを増やしお届け。

販売価格は、各品種共通で2kgが2,916円、5kgが6,048円(いずれも税込)。新米のキャンペーン期間中は2kgが1,980円、5kgが3,980円(いずれも税込)にて販売されます。

今回はこの中から、九州産の「さがびより」「にこまる」「ヒノヒカリ」「夢しずく」について、ご紹介します!

■「まっしぐら」「つがるロマン」「コシヒカリ」のご紹介はこちら!
残留農薬不検出の魚沼産コシヒカリ、まっしぐらなどがスマート米2020に登場【令和元年産新米】

九州のブランド米を取りそろえたスマート米


九州でも佐賀と福岡にまたがる筑紫平野や、大分などは豊かな水と、温暖な気候、適度な寒暖差などに恵まれ、米どころとして知られています。
九州のブランド米として知られているのが「にこまる」「ヒノヒカリ」「夢しずく」。

日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」でも、近年、軒並み高評価を得ています。
また、佐賀県独自の品種「さがびより」は同ランキングで平成22年から9年連続で特A評価を得ています。

では、それぞれの品種について詳しく見ていきましょう。

佐賀を代表するブランド米、佐賀県産「さがびより」


つやのよさ、粒の大きさ、もっちりとした食感、甘みと香り、冷めても美味しいという特徴があり、厳しい基準をクリアして作られた「さがびより」。

日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」において、平成22年から9年連続で最高の「特A」評価を獲得。粒がしっかりとしているからこそ逃げないお米の旨み、そして口に広がる甘みと香りは、「さがびより」だけの美味しさ。

佐賀市川副町の生産者・池田大志さんによれば、「粒が大きいので食べ応えがあり、噛めば噛むほど甘くなる。そんな特徴があります」とのこと。味の良さと安全性に自信を持って出荷しています。

コシヒカリに匹敵する人気を誇る、大分県産「にこまる」



丸くてツヤのある大きな粒が特徴的な「にこまる」は粘りが強く、モチモチした食感には名前のとおり思わず笑顔がこぼれます。

大分県特有の昼夜の寒暖差が大きな気候と豊かな自然の中で生まれたおいしいお米。炊き上がった「にこまる」の米粒はたっぷりと水を含んで丸々とふくらみ、ツヤと輝きをたたえた味わいは、年々人気が高まっています。

宇佐市の生産者・酒井勝洋さんは「うちでは家族全員がこの、にこまるを食べています。どんな料理にしてもおいしいと思いますが、私は具も入れず、海苔も巻かず、米だけを味わう塩むすびが好きです」と魅力を語ってくれました。

コクがありながらもさっぱりした味わい、福岡県産・佐賀県産「ヒノヒカリ」


特徴はコシヒカリから受け継いだ食味の良さ。小粒ながらも厚みがある粒は、食べ応え抜群。

名前の通りつややかな光沢のあるご飯は、噛めば噛むほど甘みと香りが生まれ、コクがありながらもさっぱりとした味わいを楽しめます。福岡県産のヒノヒカリは、日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」で「特A」評価を度々獲得しており、安定した美味しさを味わえるお米の一つです。

福岡県大木町の生産者・真辺栄一さんは、生き物たちと共存する環境保全型の農業に取り組んでおり、「味はもちろんですが、安全なお米というところにも自信があります」と話してくれました。

美しいツヤが食欲をそそる、佐賀県産「夢しずく」(2019年産より新発売)



夢しずくは、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」の交配によって佐賀で生まれた品種。ほどよい粘りと優れた味わい、食欲をそそるふっくらでつやのある光沢が高い評価を受けています。

コシヒカリと同等の粘りで、噛めば噛むほど甘さが出てくる味わい深いお米です。新世紀の佐賀米作りへの「夢」と、朝露に濡れる稲の新鮮なイメージを「しずく」と表現して命名されました。

便利で栄養価も高い「無洗米玄米」を選ぶのがおすすめ



ここまで、「スマート米2020」(2019年度産新米)の九州産の品種をご紹介してきました。
西日本ではなじみのある「にこまる」や、佐賀県内以外にはなかなか出回らない「さがびより」など、さまざまな品種をラインナップしているスマート米。

じつは、「白米」だけではなく、「玄米」と「無洗米玄米」という3種類の精米を選ぶことができます(「ヒノヒカリ」は無洗米玄米のみの販売)。
この中でおすすめは、ズバリ、あまり耳なじみはないかもしれませんが、「無洗米玄米」です。

この無洗米玄米、どういうものかというと、玄米を独自の方法で精米して、玄米の豊富な栄養価はそのままに、白米と同じように炊けるようにしたという画期的なものなんです。

玄米を家庭で炊くには、長い吸水時間を取られなければならず、非常に手間となっていました。
玄米食を始めたいけれど、この手間のせいでなかなか続かないという声をよく聞きます。また、白米とは炊飯器で炊く時の水量も異なります。

こうした手間を解決したのが、「無洗米玄米」。
吸水時間も必要なく、白米と同じ水量で炊けるため、たとえば白米と混ぜて炊いても、玄米だけパサパサでおいしくない、ということがありません。
玄米と栄養価もほとんど変わらず、まさに白米と玄米のいいとこ取りのお米。
ぜひ、無洗米玄米で手軽に玄米食を始めてみてはいかがでしょうか。

■無洗米玄米についての解説記事
「無洗米玄米」は白米のように簡単に炊けて、玄米の栄養をよりしっかりとれるお米です
■スマート米販売サイト「SMART AGRI FOOD」
「スマート米」公式販売サイトはこちら
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。