「無洗米玄米」は白米のように簡単に炊けて、玄米の栄養をよりしっかりとれるお米です

玄米を毎日の食事に取り入れてみたいけれど、浸水時間を取るのが面倒でハードルが高い……。
ふっくら炊くのが難しくて、玄米食をあきらめてしまった……。
玄米100%では少し食べにくいので、白米に混ぜて炊くけどあまりおいしくない……。

玄米食にチャレンジした方のなかには、そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
玄米は食物繊維やミネラルが豊富に含まれている、まさに天然の栄養食材。
でも、炊く時の手間や、独特の風味がネックになることも多いと思います。


今回は、そんな方におすすめの『無洗米玄米』についてご紹介します。

無洗米玄米は、玄米の栄養価はほとんどそのままに、ふっくら美味しく炊けて、しかも浸水時間もいらないという画期的なお米。これから玄米食にチャレンジしたいという方にも、玄米ファンにも、ぜひ知ってもらいたいストレスフリーな玄米なんです。


無洗米玄米は、白米の手軽さと玄米の栄養いいとこどりの米!


『無洗米玄米』の特長


  • 白米と同じように浸水時間もなく炊飯器の白米モードで炊ける
  • 玄米とほぼ同様の栄養を摂れる
  • 玄米なのにふっくら炊けておいしい

無洗米玄米【スマート玄米】のご購入はこちら(Amazonへ)*無洗米玄米を選べます

無洗米玄米とは、“無洗米”と同じ工程で加工した“玄米”のこと。無洗米と同様に加工することで、手軽に炊ける玄米を実現しています。

無洗米加工の結果、炊く前に一晩水につけるといった浸水時間が不要に。もちろん研ぐ必要もありません。
さらに炊飯器の白米モードで炊けるので、炊飯時間はいつもの白米と同じでいいんです。

玄米は圧力鍋で炊くとやわらかく炊けるといわれますが、この無洗米玄米は、すぐに吸水するために、炊飯器の白米モードでふっくらおいしく炊けます。
その上、栄養成分が玄米とほとんど変わりません。

忙しい毎日の食卓に、手軽に玄米を取り入れることができるのが、無洗米玄米です。

無洗米玄米は、AIドローンといったテクノロジーを使い、農薬使用量を抑えて育てられた、あんしん・安全なお米『スマート米®』の仲間。各地の農家さんと一緒にこだわってつくられた2018年のお米は、第三者機関の残留農薬分析において、各品種の残留農薬は「不検出」です(「さがびより」「ヒノヒカリ」「にこまる」「まっしぐら」の各品種)。残留農薬が心配な玄米でも、安心して食べていただけます。

でも、無洗米と同様に加工するって、どういうことでしょう?

無洗米玄米の詳しい加工方法について、スマート米®の精米を一手に引き受けている株式会社斎藤商店の代表取締役・齋藤孝弘さんに教えていただきました。


『無洗米玄米』ってどんなお米なの?

まず、玄米とは、稲から籾殻(もみがら)だけを取り除いた、精白されていないお米のこと。精米工程で除かれる“ぬか層”や“胚芽”が残った状態で、食物繊維やビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれ栄養価が高い反面、ぬか層が浸水を阻むために、炊く際に長い浸水時間が必要になります。



無洗米玄米は、この“ぬか層”の表面に細かな傷をつけて、浸水しやすく加工した玄米です。この加工では、玄米の栄養分を残すことができるのが大きな特徴となっています。栄養豊富な胚芽がしっかり残り、ぬか層も大部分が残った状態になります。

無洗米玄米のお米。見た目では玄米との違いは感じられません

加工のプロセスは次のような手順で行います。それぞれ専用の機械を通して加工していきます。

1、玄米から、小さい粒や、石などの異物を取り除く
2、玄米用の色彩選別機で、緑の未成熟米や色の悪いものを除く(センサーで瞬時に識別し、エアガンで一粒ずつ吹き飛ばす!)
3、こうしてできた整粒ほぼ100パーセントの玄米を、無洗米用の機械で加工(らせん状のブラシで下からお米を持ち上げてぬか層を加工する“乾式”を採用)


加工の過程での他の米と混ざらないよう、いわゆるコンタミネーション対策として、すべての機械を掃除してから加工するなど細心の注意を払います。


無洗米玄米の栄養価は、ほぼ玄米と同じで栄養の吸収にも◎

無洗米玄米は、ぬか層を除去するのではなく、傷をつけて加工した玄米だから、栄養価がほとんど損なわれないのが特長のひとつです。


専門機関の検査によると、無洗米玄米と玄米ではほとんど栄養価が変わりません。一般的な白米と比べると、ミネラルやビタミン、食物繊維で大きな差があります。
白米と無洗米玄米を比べると、ビタミンB1は8倍近く、不溶性食物繊維は8倍以上の差があります。

健康を保つために必要とされるビタミンやミネラル、食物繊維を炭水化物と同時に摂取できる玄米は、いわば「おかずつきのごはん」。玄米食なら、消化・吸収・代謝を助け、健康増進や美容、ダイエット、便秘解消などに貢献する栄養素をバランスよく摂取することができます。

そして無洗米玄米が、普通の玄米よりも優れている点がひとつ。それは栄養の吸収がよいことです。
玄米の一番外側の層(ロウ層ともいいます)は、炊く際に吸水を妨げているだけでなく、食べた時には栄養の吸収をも妨げてしまいます。
ここに傷をつける加工をした無洗米玄米は、栄養の吸収もいいのです。

ちなみに、“分づき米”とはどう違うの?という疑問をもつ方もいらっしゃるかもしれません。

分づき米とは、白米を10割の精米率として、何割精米しているかで、3分づき米、5分づき米、7分づき米となります。精米の工程で、お米に圧力をかけて米同士で削りあったり、石臼で削ったりしてぬか層を取り除いたもの。栄養豊富な胚芽の一部も失われてしまい、栄養分もかなり削り取られてしまうとのことでした。


無洗米玄米のおいしい炊き方とアレンジ!



無洗米玄米は、ぬか層が浸水しやすく加工されているため、白米と同様に炊いて、ふっくら美味しく食べられるところが最大の特長です。玄米特有のプチプチとした食感と、もっちりとした白米のいいとこどりの味わいが楽しめます。

また、白米と同じように炊けるので、白米と混ぜて炊いてもふっくらした玄米が楽しめるのもうれしいところ。
通常の玄米なら一緒に炊くと玄米だけ吸水しておらずパサパサでおいしくないですが、無洗米玄米は、白米と吸水時間がほぼ変わらないので、おいしく炊けるのです。

玄米に慣れていない方は、玄米と白米を2対8くらいからはじめてみてはいかがでしょうか。玄米の食味に慣れてきたら1対1でもおいしく炊けます。
玄米と白米を混ぜて炊けば、カレーなどにもぴったりです。

ちなみに、無洗米玄米も白米と同様に、少し浸水時間を取れば、さらにおいしく炊くことができます。

齋藤さんに、おすすめの炊き方を教えてもらいました。

  1. さっと洗って、約30分間、水に浸けておく。
  2. 浸水後、5分間、ザルにあけて水を切って置いておく。 ★ポイント!
  3. 白米と同じ水加減で、白米と同様に炊く(炊飯器の白米モードでOK)。

「2」のザルで一休みさせるのが、ポイントです。ほんのひと手間で、一粒一粒が立って、より一層もちっと美味しくなります。

無洗米玄米は、じつは炊き込みご飯にもおすすめだそう。

齋藤さんは次のようなレシピでよくつくっているそうです。ぜひおためしあれ!

  • 乾燥した昆布をハサミで細かく切って入れ、油揚げ、麺つゆと炊く
  • ツナ缶とビン入りの味付けなめ茸を入れて炊いく

また、特に暑い夏におすすめなのが、炊く際に、小さじ一杯のお酢を入れておく方法。梅干しをいれて炊くのと同じで、ご飯のもちがよくなり安心なのだそう。炊きあがりに、多少お酢の香りはしますが、食べる分には気にならないということで、さっそくやってみましたが、確かにまったく味は変わりませんでした。

おにぎりショップ「たさぶろう」も経営されている齋藤さんならではの豆知識です。


そうそう、もちろんおにぎりにしても、ふっくらおいしくいただけます。齋藤さんのお店でも無洗米玄米のおにぎり、人気です。

なお、無洗米玄米は、ぬか層に油分も残っていて、酸化が大敵。保管はできるだけ酸素にふれないよう、小分けにした袋などでの保管がおすすめです。
また、高温多湿も避け、可能であれば冷蔵庫の野菜室での保管がよいでしょう。

無洗米玄米300gのパッケージは、酸素濃度5パーセント以下の真空パック。酸化が進まず、約半年はほぼ加工したての味を楽しむことができます。

■無洗米玄米なら、残留農薬不検出の「スマート玄米」がおすすめ。

玄米で心配なのは農薬の問題。胚芽などに農薬が残りやすいといわれています。玄米食をはじめるなら、残留農薬検査済みの安心・安全な玄米をえらびたいもの。スマート玄米は残留農薬不検出の安全な玄米です。白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。




お話をうかがった方

株式会社斎藤商店 代表取締役 齋藤孝弘さん
創業1804年、地元・白河を愛するお米専門店。「次代の米屋」として、お米から、お惣菜、箸・ごはん茶碗・食卓まで、お米にまつわる商品をトータルにプロデュースしている。

※「スマート米®」は、株式会社オプティムの登録商標です。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。