残留農薬ゼロの魚沼産コシヒカリ・まっしぐらなどがスマート米・玄米に登場【令和元年産新米】

AIドローンといった先進技術によって、農薬の使用をできるだけ抑えて栽培したお米「スマート米」。
安全・安心な農産物を消費者に届けようと、九州や青森・新潟の生産者と、技術を提供する株式会社オプティムが協業して進める取り組みから生まれたお米です。


このスマート米が今年も収穫を迎え、「スマート米2020」(2019年度産新米)として販売が開始されました。
「スマート米2020」は生産者・品種ごとに第三者機関にて残留農薬検査を実施。残留農薬が「不検出」と証明されたお米を出荷します。

「スマート米2020」(2019年度産)は、昨年販売した「さがびより」「にこまる」「ヒノヒカリ」「まっしぐら」に加え、新たに「夢しずく」「つがるロマン」「コシヒカリ」の3品種を加えた合計7品種にラインナップを増やしてお届け。

販売価格は、各品種共通で2kgが2,916円、5kgが6,048円(いずれも税込)。
新米キャンペーン期間中は2kgが1,980円、5kgが3,980円(いずれも税込)にて販売されます。

今回はこの中から、青森県産の「まっしぐら」「つがるロマン」、そして新潟県魚沼産「コシヒカリ」をご紹介します。

九州産の「さがびより」「にこまる」「ヒノヒカリ」「夢しずく」の詳細はこちら
残留農薬不検出の新米・スマート米2020が登場!全7品種をご紹介【令和元年産新米・九州編】


スマート米2020は、人気のブランド米をラインナップ


2019年度産の「スマート米2020」では、東日本で人気のブランド米3種類が登場。青森県産のブランド米「まっしくら」「つがるロマン」と、いわずとしれた新潟県魚沼産「コシヒカリ」。それぞれ人気がありますが、その魅力をご紹介していきましょう。

粒ぞろいで食べ応えのある青森県産「まっしぐら」



青森のブランド米の一つで、炊きあがりは適度な弾力があり、粘り気は少ないですが、粒はしっかり。つやがあって粒ぞろいの外観のよさも魅力。

食べ応えがありながら、さっぱりとしたおいしさなのでさらっと食べられます。弾力のある食感は、カレーやどんぶり物などの料理との相性がばっちりです。

黒石市の生産者、株式会社アグリーンハートの代表・佐藤拓郎さんは「南八甲田の裾野に位置する雪解け水が、とても豊富な地域です。水がきれいだと土も良くて、どっちも“若い”んですよ。そういう場所で作物を作ると、米も野菜もおいしくできます」と地域と栽培したお米について話してくれました。

バランスのよいお米、青森県産「つがるロマン」



味や粘り、やわらかさなどのバランスがよく、やさしい味わいの青森県オリジナル米。

あきたこまちから受け継いだ旨みや甘味を感じられ、食べ心地はふっくら。あっさりとした味わいで魚料理や煮物など、和食によく合います。粘りも強すぎないので、炊き込みご飯にも。

同じく黒石市の生産者・大平ファームの大平裕和さんは、つがるロマンについて「食味が非常に安定しています。作り始めてからもう15年経っているので、クセなども把握してきています」と、話してくれました。

いわずと知れた最高級ブランド、新潟県魚沼産 コシヒカリ



日本でもっとも知られるブランド米といっても過言ではない「魚沼産 コシヒカリ」。

強いうまみと独特の甘さ、ふっくらと美しい炊きあがり、弾力のある粘りなど、どれをとっても一級品です。日本有数の豪雪地帯ならではの豊富な雪解け水と、夏における昼夜の寒暖差の大きさが、食味のよさを生んでいるといいます。

魚沼の農家の方々とつくりあげた「魚沼産 コシヒカリ」のスマート米は、白米のみの取り扱いになります。


スマート米は、便利で栄養価も高い「無洗米玄米」がおすすめ



ここまで、「スマート米2020」(2019年度産新米)の品種をご紹介してきました。
このなかで青森産の「まっしくら」「つがるロマン」は、白米と無洗米玄米を選ぶことができます。

この無洗米玄米、どういうものかというと、玄米を独自の方法で精米して、玄米の豊富な栄養価はそのままに、白米と同じように炊けるようにしたという画期的なものなんです。

玄米を家庭で炊くには、長い吸水時間を取られなければならず、非常に手間となっていました。
玄米食を始めたいけれど、この手間のせいでなかなか続かないという声をよく聞きます。また、白米とは炊飯器で炊く時の水量も異なります。

こうした手間を解決したのが、「無洗米玄米」。
吸水時間も必要なく、白米と同じ水量で炊けるため、たとえば白米と混ぜて炊いても、玄米だけパサパサでおいしくない、ということがありません。
玄米と栄養価もほとんど変わらず、まさに白米と玄米のいいとこ取りのお米。
ぜひ、無洗米玄米で手軽に玄米食を始めてみてはいかがでしょうか。

■無洗米玄米についての解説記事
「無洗米玄米」は白米のように簡単に炊けて、玄米の栄養をよりしっかりとれるお米です
■スマート米公式販売サイトはこちら
スマート米販売サイト「SMART AGRI FOOD」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。