農産物の生産履歴と取引状況を可視化「SMAGt」開発

電通国際情報サービスが、農産品の生産履歴と取引状況を可視化できるスマート農業データ流通基盤 『SMAGt(スマッグ)』を開発した。

SMAGt(スマッグ)とは


SMAGt(SMart AGriculture Traceability)は、ブロックチェーン技術を用いた農産物向けのデータ流通基盤。
出荷、流通、販売までのデータが、耐改ざん性の高いプラットフォームで可視化できる仕組みだ。


実装すれば、農産物の安全性や生産者のこだわりを提供したり、輸出規制に対応したデータを効率的に取得することが可能になるとのこと。
地場農産品のブランド化や食品偽装の防止、輸出拡大に取り組む農業関係者への提供が予定されている。

事業化へ向けた実装検証を実施


同社では、複数の自治体や企業の協力のもと、事業化に向けた実装検証を行っている。

1. 『SMAGtのデータを活用し「安心・安全の根拠」を』(福島県広野町振興公社)

2019年10月5日に開催された「ふたばワールド2019」では、SMAGtのデータを活用し地元産バナナの「安心・安全の根拠」をPRした。

ふたばワールド2019での販売の様子
東日本大震災および福島第一原発事故で甚大な被害を受けた福島県広野町では、農業と観光の再生に向け、町の新たな特産品として国産バナナの栽培に取り組んでいる。

2.『SMAGtのデータを活用した「スマート農業化」への取り組み』(鳥取県鳥取市)

2019年10月25日と11月8日に大阪の中之島フェスティバルタワーで開催された「とっとり旬菜マルシェ」では、SMAGtのデータを活用した「スマート農業化」への取り組みをPRした。


鳥取市では、地域の農業生産基盤強化の重点課題のひとつとして「梨リレー栽培モデル」の確立に取り組んでいる

3.  『SMAGtのデータで「こだわりの栽培情報」を』(株式会社地域商社とっとり)

2019年11月29日~12月8日にマレーシアで行われた鳥取産梨の販売会では、SMAGtデータを活用した「こだわりの栽培情報」をPRした。


SMAGtで日本農業の生産性向上と競争力強化を


同社では2016年から宮崎県綾町と共同で、ブロックチェーンを活用した有機農産物の生産や、流通履歴、消費行動までを記録・可視化するシステムの構築に取り組み、実証を重ねてきたという。

今後も農業IoTプラットフォームの構築や、生育環境等のデータ活用のためのソリューション・ビジネスに取り組み、日本農業の生産性向上、競争力強化に貢献していきたい考えを示している。


株式会社電通国際情報サービス
https://www.isid.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。