大特集はドローン 「農研機構技報(NARO Technical Report)」第5号が発行

農研機構は、最新の研究技術の成果を紹介した「農研機構技報(NARO Technical Report)」の第5号を発行した。
今回の特集は「ドローン」で、農業ドローンによる画像解析に基づく生育予測や栽培管理、圃場マップの作成、省力的防除作業などの事例を紹介している。


農研機構技報(NARO Technical Report)は、農研機構の最新の研究技術や成果を紹介した技報誌だ。
開発した研究成果の連携や成果の実用化の加速を目的に、特集やトピックスなどを交えながら、産業界や農業界、大学、マスコミ等へ発信している。

2019年8月に創刊され、これまで4刊を発行。
過去には「品種開発」や「スマート農業」「気候変動」などの特集を取り扱った。
今回発行された第5号では、スマート農業の推進に期待される「ドローン」による技術開発の一端を紹介、冊子のほか同機構のホームページ上でも公開されている。

ドローンによる技術開発の一端が紹介


2020年第5号の特集では、農業ドローンによる技術開発の事例が紹介されている。
ドローンを活用した空撮画像による大規模畑作での生育観測や、GNSS搭載マーカーによる高精度なマップの作成、栽培管理技術などが挙げられる。

トピックスでは、スマート農業実証プロジェクトにおけるドローンの活用事例や、「Society 5.0 農業・食品版」の実現を目指したSDGsへの取り組みが掲載された。


農研機構技報(NARO Technical Report)第5号インデックス


・特集「ドローン」
1.ドローン空撮画像による大規模畑作ほ場での生育観測
2.ドローンとGNSS搭載マーカーによる高精度ほ場マップの作成
3.ドローンを利用した栽培管理技術
4.ドローン空撮・3次元化技術を活用した農地基盤情報の可視化
5.ドローン空撮ステレオ画像による畦畔傾斜マップの作成
6.ドローンを利用した広域でのほ場単位の生育診断
7.中山間地域におけるマルチコプターによる省力的防除技術

【トピックス】
・スマート農業実証プロジェクトにおけるドローン利用事例
・「society 5.0 農業・食品版」の実現を通じたSDGsへの取り組み
・温故知新


農研機構
http://www.naro.affrc.go.jp/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。