農林水産省、「2019年スマート農業実証プロジェクト」水田作農業者のインタビュー動画を公開

農林水産省は「令和元年度スマート農業実証プロジェクト」に参画する農業者(水田作)代表8名にインタビューした動画を2020年9月4日(金)に公開した。

この動画はスマート農業の社会実装に向け、全国148の地区で行われている「スマート農業実証プロジェクト」に参画する農業者の取り組みを紹介したもので、開始から1年を経過する令和元年(2019年)度採択の水田作を対象にインタビューを行った。


農林水産省では、スマート農業の社会実装を加速化するために、ロボットAIIoTなど先端技術を生産現場に導入して実証する「スマート農業実証プロジェクト」を展開している。

今回公開された動画は、「令和元年度スマート農業実証プロジェクト」に参画する米農家を対象に、実証の経過や成果など現在の状況をインタビューした内容で、スマート農業の導入による農業経営への効果などが紹介されている。

インタビューに応じた農業者は、北海道新十津川町の白石農園 、青森県中泊町の株式会社十三湖ファーム 、茨城県龍ケ崎市の有限会社横田農場 、茨城県下妻市の株式会社ライス&グリーン石島 、新潟県新潟市の有限会社米八 、石川県白山市の農業法人 夢耕坊、兵庫県養父市の株式会社Amnak(アムナック)、岡山県真庭市の農業法人 寄江原の8つの事業者。

動画には下記のようなコメントが寄せられた。
・「スマート農業技術を導入し、今までやってきたことを変えることに抵抗感もあるかもしれないが、毛嫌いせずに挑戦する価値があると感じた」
・「スマート農業機械のうち、特に直進キープ田植機、農薬散布ドローンや自動水管理装置は、確実に効率化や軽労化に繋がる。社員の労働のモチベーションが上がった。」
・「スマート農業技術導入により削減された労働時間を活用し、トマトの生産拡大に取り組むことができた。」
・「中山間地域において、直進キープ田植機等を市町村間シェアリングにより導入。減価償却費の削減が期待できる。」
・「栽培・経営管理システムが算出する追肥データに懐疑的だったが、良い結果が出た。同システムは、生育予測や病害虫予測などにおいて自分たちの経験からは発想しないアイデアを提供してくれる。」
・「スマート農業技術があれば、60歳を超えていても農業で活躍できる。」

農林水産省では、スマート農業に取り組む農業者や導入を検討している農業者に向けて動画を発信することで、スマート農業技術の導入を促進したい考えを示している。
動画の最後にはスマート農業を推進するための方策に関するアンケート調査(3分程度)が収録されている。

白石農園(北海道新十津川町)



株式会社十三湖ファーム(青森県中泊町)




有限会社横田農場(茨城県竜ヶ崎市)




株式会社ライス&グリーン石島(茨城県下妻市)




有限会社米八(新潟県新潟市)




農業法人夢耕房(石川県白山市)




株式会社アムナック(兵庫県養父市)




農業法人寄江原(岡山県真庭市)




令和元年度スマート農業実証プロジェクト代表8名のインタビュー動画
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/smart_agri_pro/jissho_seika/r1_seika_1.htm
農林水産省 農林水産技術会議
https://www.affrc.maff.go.jp/index.htm
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。