「2019年スマート農業実証プロジェクト」に参画した畑作・園芸農業者のインタビュー動画を公開

農林水産省は、スマート農業の社会実装に向けた「令和元年度スマート農業実証プロジェクト」に参画する農業者代表7名(畑作・施設園芸等)を対象にしたインタビュー動画を公表した。

この動画は、全国148の地区で行われている「スマート農業実証プロジェクト」に参画する農業者の取り組みを紹介したもの。開始から1年を経過する令和元年(2019年)度の内、畑作や施設園芸、花き類等を対象にインタビューを行った。

出展:農林水産省

農林水産省では、スマート農業の社会実装を加速化するために、ロボットAIIoTなど先端技術を生産現場に導入して実証する「スマート農業実証プロジェクト」を展開している。

今回公開された動画は、「令和元年度スマート農業実証プロジェクト」に参画する畑作・園芸等の農業者を対象に、実証の経過や成果など現在の状況をインタビューした内容で、スマート農業の導入による農業経営への効果などが紹介されている。

インタビューに応じた農業者は、北海道更別村の岡田農場 (畑作)、北海道中標津町のTMRセンターアクシス&漆原牧場 (畜産)、秋田県男鹿市の園芸メガ共同利用組合 (花き類)、長野県安曇野市の株式会社エア・ウォーター農園 (施設園芸)、和歌山県上富田町の井澗農園 (果樹)、宮崎県西都市の株式会社ジェイエイフーズみやざき(露地野菜)、鹿児島県志布志市の鹿児島堀口製茶有限会社 (茶)の7つの事業者。

動画には下記のようなコメントが寄せられた。
「ロボットトラクタによるじゃがいも収穫作業において、4人で作業していたものが3人で対応可能となり労働時間を25%削減できた。(畑作)」
「赤色LED電球を用いた開花抑制によって、植え付けたキクの需要期の出荷率が5割から9割に改善できた。(花き類)」
露地栽培では天候により作業タイミングが左右される課題があるが、圃場に入る必要がないドローンによる追肥によって、雨の直後でも計画通り作業ができ、葉を傷つけるリスクや病気蔓延リスクが低減される。(露地野菜)」
「近年、日本食ブーム等により茶の輸出量が増大傾向にある。海外向け原料の生産にスマート農業技術を導入し、海外に活路を見出していきたい。(茶)」

農林水産省では、スマート農業に取り組む農業者や導入を検討している農業者に向けて動画を発信することで、スマート農業技術の導入を促進したい考えを示している。


岡田農場(北海道更別村)




TMRセンターアクシス&漆原牧場(北海道中標津町)






園芸メガ共同利用組合(秋田県男鹿市)






株式会社エア・ウォーター農園(長野県安曇野市)




井澗農園(和歌山県上富田町)




ジェイエイフーズみやざき(宮崎県西都市)




鹿児島堀口製茶(鹿児島県志布志市)




農林水産省
https://www.maff.go.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。