福島大学に「農学群食農学類」が誕生 国立大学では半世紀ぶり

国立大学法人 福島大学は、「食」と「農」をつなぐ学問を福島から発信することを目的とし、2019年4月より新たに「農学群食農学類」を開設する。国立大学として農学が追加されるのは半世紀ぶりのこととなる。


食農学類設置の目的

福島大学は「地域と共に歩む福島大学」を表明し、実践してきたが、そこには東日本大震災の被災地域と共に歩むという思いも込めてきた。食農学類設置は、福島県農業の復興だけではなく「日本の新しい農業」の可能性を福島から発信していくために、科学的なエビデンスにもとづく冷静な分析力と地域の将来に向けた温かい心「Cool Head, Warm Heart」が重要と考えたためだという。

具体的には、農畜産物の生産から食材の加工・流通を経て食品の消費までを相互に作用する一つの体系(フードシステム)としてとらえ、生産や加工、消費の現場と向き合いつつ大学での教育と研究を進めていく。このような圃場や加工場と大学の研究室をつなぐような教育研究は農学の原点でもあり、科学や技術の先鋭化や細分化が進む現代社会においては一つのチャレンジでもある。近代的な食と農の関係性を基本とするフードシステムの教育研究を進め、専門人材の育成と研究・技術開発を通した地域と社会への貢献を目指していく。

本学部では、技術の習得だけでなく現代社会とそこに生きる人間に対する理論的考察も学びながら、単なる技術者育成にとどまらない、新しい文化を創造するクリエイターを養成する。


農学群の構成としては、食農学類として4つのコースを設け、定員100名で募集。2011年の震災時に10歳だった100人の子どもたちが18歳になった2019年、福島から世界の農業の担い手となるべく、学びをスタートさせる。

食品科学コース

フードシステムの「食べる」ことの中でも、加工して食べる段階の教育研究が中心。「食べる」は食品の摂取から、消化と吸収、体内輸送と動態、組織・器官・細胞への作用、全身での生理作用までを含む多様な生命現象であり、学ぶことは多い。優れた食品の製造について知識・技能のポイントを修得するとともに、地域の食の伝統的な強みを活かす筋道を具体的に理解している人材の育成を目指す。

想定される進路
食品関連企業、化学メーカー、化粧品関連会社等

農業生産学コース

作物栽培に関する最新の技術や知見を駆使して農業生産、特に作物生産、食料生産、栽培資源利活用、栽培環境の諸問題を解決するための専門知識、技術を修得させ、新規栽培品種の開発と既存品種の見直し、栽培技術の革新、病害虫の農業被害管理に関する技能の習得を目指す。

想定される進路
農業関連企業、流通企業、観光・宿泊企業等

生産環境学コース

森林・農地・水環境等の生産資源、ならびに農業土木や農業機械といった生産活動を管理・運用するシステムに関わる科目を通じて、生産環境の保全・活用と、これに付随する問題群を解決するための専門知識や技術を修得する。本学類の他コースの科目も履修することで、多角的視野から生産環境を探求し、その保全と活用を実践できる人材の育成を目指す。

想定される進路
金融、流通企業、観光・宿泊企業等

農業経営学コース

農林業を営む個別経営体の構造や行動を捉える農業経営学を中心として、食料の生産から加工・流通を経て消費に至るプロセスの全体像、すなわちフードシステムおよび地域・農村社会や地域づくりの領域をカバーしながら、それらに関わる問題群を解決するための知識と人文・社会科学的な技能を修得。そこではフィールドワークの方法論に基づく現場立脚型のアプローチを重視する。また本学類の他コースの科目を履修することで多角的な視点も養いながら、これからの農林業や食品産業、地域農村社会の現場を担える人材の育成を目指す。

想定される進路
バイオマス関連企業、土木・建設企業、情報・通信関連企業

開学1年目となる2019年は、福島から世界を明るくする企画や企業とのコラボ企画など、様々な開学イベントも計画している。

開学イベント例
  • 一期生100人の想いをHPに
  • 100人で行う米作り(5月:田植え)
  • 特別作業着、白衣作成
  • 国際セミナー(おいしさと健康を一つに)の開催 他

イベントの詳細については、随時ホームページで更新するとのこと。

<参考URL>
福島大学 食農学類ホームページ

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. AGRI PICK編集部
    農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園に関するお悩みは全てAGRI PICKにお任せ!AGRI PICKでは、米や野菜の作り方・栽培方法や、品種・品目別の作り方・栽培のコツ、水耕栽培で野菜を上手に育てるコツ、肥料、農薬、農業用具、農業資材、農業機械(トラクター・耕運機)に関するおすすめ情報をまとめて配信します! 農業を始めたい・学びたい人たちのためには、農業の求人・就農に関するおすすめ情報や農業政策、農業イベント情報、貸農園・市民農園情報などのおすすめ情報を配信します。https://agripick.com/
  3. 秋元薫
    料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。大手食品メーカー勤務後、ル・コルドンブルーをはじめとする料理学校で世界各国の料理を学びフリーに。企業・雑誌へのレシピ提供、お米コンテストの審査員など幅広く活動。小学生の双子のママでもあり、自身の経験から得意の「お米」以外にも、家庭で手軽に作れるレシピを多数提案している。著書に『帰ってから15分でできる!夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい混ぜごはん』(すばる舎)がある。http://www.k-kamado.com
  4. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  5. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。

RECOMMEND