DMM Agri Innovation、イノシシ被害対策の実証実験をスタート

株式会社DMM Agri Innovation、株式会社アポロ販売、一般社団法人CEFIC研究所の3社は、害獣の行動を見える化する技術と赤外線カメラ搭載のドローンを活用したイノシシ被害対策の実証実験を広島県立びんご運動公園で開始した。

この実証実験は、AIIoTビッグデータ等のデジタル技術を用いた実証実験を支援する公募型のプロジェクト「ひろしまサンドボックス」の事業「公園内のイノシシ被害軽減のための獣害対策支援業務」の一環で開始されたもの。


DMM Agri Innovationは、DMMが提供する各種ソリューションを用いて農業に関する課題解決に取り組む企業で「農業と未来を歩む」をテーマに鳥獣被害対策事業等を展開している。

アポロ販売は、電気柵の販売を中心に鳥獣被害に関する防護資材の販売や設置、メンテナンス等を手がける企業で、鳥獣の捕獲や処理、利活用に関するサービスを提供する。

CEFIC研究所は、農学博士である吉川泰弘氏が提唱した「人と動物の健康のための統合的なアプローチ」を推進する研究機関。持続可能な開発目標(SDGs)および環境保全や食糧の安定供給、感染症統御の実現を目指すマンハッタン原則を活動指針に、Community-based Environment,Food and Infection Control(コミュニティベースにおける環境・食品・感染の管理)の実現を目指す。

赤外線カメラを搭載したドローンによる追跡撮影に成功


広島県立びんご運動公園は、県民の憩いの場として多様なレクリエーション活動に幅広く利用されているが、近年はイノシシの出没が相次ぎ、掘り返し等の被害が後を絶たない状況が続いているという。

実験では環境省が保有する植生マップ等の既存データを基に、痕跡調査を行い足跡の種類から群れの特徴や年齢を特定。また寄生虫などを落とすための泥浴び場である沼田場(ぬた場)を発見し侵入経路の特定も行った。ドローンによる空撮データを加えた新たな植生マップを作成してイノシシの行動を見える化したという。

その後、このデータを活用して、公園内に侵入したイノシシを赤外線カメラ搭載のドローンで追跡。撮影された動画を確認した結果、公園内を徘徊するイノシシの撮影に2日連続で成功した。

参考動画|赤外線カメラを搭載したドローンによるイノシシの追跡
3者は、今回の実証実験で得た成果を基に、映像解析や糞の分析等を進め、詳細な生態把握を進めると同時に、害獣の侵入防止に効果のある電気柵やグレーチング、忌避剤等を設置して、びんご運動公園におけるイノシシ被害を撲滅する方針を示している。

今回の実験に協力した農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザーの原田誠司氏は、
「勘に頼ってきた鳥獣の動きを見える化することで、 予測通りの動きを実際に確認することができました。 今後の対策の新たな展開を期待しています。」
と、コメントしている。


株式会社DMM Agri Innovation
https://dmm-agri.com/
株式会社アポロ販売
http://www.apollo-sc.net/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。