JAXA認定ベンチャー天地人が「食と先端技術共創コンソーシアム」に参画

JAXA認定の宇宙ベンチャーである株式会社天地人は、「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)のひとつである「食と先端技術共創コンソーシアム」への参画を発表した。

「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)」とは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が推進する、新たな基幹産業の育成に必要な研究プラットフォームを形成するプログラムである。

天地人が開発した土地評価エンジン「天地人コンパス」
天地人は、地球観測衛星のデータを活用して、気候風土の情報を解析する独自開発の土地評価エンジン「天地人コンパス」を活用したプロジェクト等を展開している。

天地人コンパスを用いた日射量の予測やAI技術の研究開発を担当


「食と先端技術共創コンソーシアム」は、人口増加や異常気象に伴う将来的な食料不足、 農業就業者の高齢化・労働力不足など、近年の「食」に関する社会的課題の解決を目指す共同事業体だ。先端技術を活用した品種開発技術や、農業の省力化技術を用いて生産した農作物の研究を通じ、新たな食の価値観の創生と拡大、食に関する産業のイノベーションを推進している。

高齢化や人手不足が進行する農業分野では、 先端技術を活用した効率的な栽培が求められている一方で、これまで栽培が難しいとされてきた品種の高収量・高品質化を実現する新たな技術の開発が望まれているという。

これらの実現に向け、同社は筑波大学が統括する「先端技術による生産性向上システム開発」プロジェクトに参加。「天地人コンパス」による日射量の予測やAI技術を用いた研究開発を担当する。


株式会社天地人
https://tenchijin.co.jp/
産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)
https://www.jst.go.jp/opera/ryoiki_ikusei.html
食と先端技術共創コンソーシアム
https://opera.tsukuba.ac.jp/task
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。