農業者向けドローンサービス「One Drone」と農業経営支援アプリ「Agrion」が連携

農業者向けドローンサービス「One Drone」を展開するライブリッツ株式会社は、農業や酪農など一次産業向けに提供する新たなドローンサービスの研究・開発に着手した。農業経営支援アプリ「Agrion」と連携し、利用する農業者の協力を得て、一次産業におけるドローン利用について意見を集めて進める。

同社は今回の研究を通じ、一次産業のIoT活用を促進することで、「農業者の生産力向上と作業負担の軽減を目指す」としている。


「Agrion」との連携で圃場や農作物の生育状況を把握


ライブリッツが展開する「One Drone」は、ドローンで撮影した圃場の画像をオルソ画像(電子国土基本図)やNDVI指数マップ(植生指標NDVIのマッピング画像)に変換してGoogleマップに一覧表示するサービス。時系列順や圃場別の並び替え、コメント機能など農作業の事後検証等に利用できる。

「Agrion」は、農作業履歴の共有や圃場の管理など農業生産に関わるデータをスマートフォンやウェブ上で一元管理できるサービス。カワサキ機工株式会社が開発した茶園管理機との連携(茶工場生産管理システム)では、IoTを活用した作業の自動記録を実現している。


ドローンによって取得するデータを「Agrion」に連携することで、圃場の状態や農作物の生育状況等を把握でき、農作物の生育環境の最適化や収穫適期の判定、出荷予測等に役立てられるという。

今回の研究開発は、「Agrion」利用農家が収集するドローンによって取得できるセンシングデータを、ライブリッツが蓄積・分析し進める。また、農家側も「One Drone」上で変換された画像を利用し、作業の振り返りや次の耕作に役立てながら、現場ならではの意見を提供する。


ライブリッツ株式会社
https://www.laiblitz.co.jp/
農業経営支援アプリ「Agrion」
https://www.agri-on.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。