AIで栽培する全自動ビニールハウスでトマト初収穫 横浜市でスタート

神奈川県横浜市を本拠に化粧品、飲料水、健康食品の製造・販売事業を展開する株式会社NDYunitedは、AI搭載型の次世代ビニールハウス「ホワイトフィールド」を使用して栽培したオリジナルブランドトマト「チェストマト」の収穫を2022年2月から開始する。


「ホワイトフィールド」は、神奈川県横浜市のベテラントマト農家である平本喜誉作氏の知識とノウハウを学習したAIが農作物の成長に必要な水やり作業や施肥作業、温度管理、湿度管理を自動で実行する次世代型のビニールハウスである。

ホワイトフィールドの内装
ホワイトフィールドの稼働箇所

元メジャーリーガーの川崎宗則氏が命名


「チェストマト」は、「トマトの原点はアンデスの山奥にあり、日本の気候はトマトにとって快適すぎて本来の姿を失っているのではないか?」という仮説に基づいた育成方法で栽培された最高糖度7以上の高品質トマト。

栽培を担当したのは、横浜市のJリーグチーム「Y.S.C.C.横浜」に所属する選手で構成された農作業支援チーム「Y.S.C.C.ファーム」で、トマトの名称はMLBのシアトル・マリナーズ等で活躍した元メジャーリーガーの川崎宗則氏が名付けた。

Y.S.C.C.ファーム
「チェストマト」の名付け親である川崎宗則氏(右)
収穫目標は7トンで、現在は「チェストマト」を使用したオリジナルのトマトジュース「チェストマトジュース」の応援購入の予約を受け付けているとのこと。

チェストマトジュース
同社は、「トマトをトレーニングする施設」をテーマにした栽培施設である「ホワイトフィールド」で生産した横浜産トマトをブランド化していくことで、「コロナ禍における雇用の安定化と農業・IT・スポーツの3つを組み合わせた新たな農業生産を推進したい」としている。


株式会社NDYunited
http://www.ndy-u.net/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。