第5回日本ベンチャー大賞はファームノートHDに 酪農・畜産関連企業では初

農業ベンチャー賞はファームノートHDが受賞

日本ベンチャー大賞は、次世代のロールモデルとなるような社会的インパクトのある事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰する制度だ。第5回となる日本ベンチャー大賞の農林水産大臣賞(農業ベンチャー賞)は株式会社ファームノートホールディングスが受賞した。酪農・畜産分野が同賞を受賞するのは初となる。

大賞を受賞した代表取締役社長 小林晋也氏(左)と吉川農林水産大臣(右)

今回の受賞にあたって、同社の提供するクラウド牛群管理システム「Farmnote」と、牛用IoTセンサー「Farmnote Color」が高く評価された。

授賞式に出席した安倍総理は挨拶にて、「ベンチャー精神こそが新しい時代を切り拓く鍵。(中略)これからもどんどん新しいものを生み出していっていただきたい。そして後に続く起業家たちに対して、大いに活躍姿を見せ、勇気を与えてほしい」と語った。

授賞式で挨拶する安倍総理

酪農・畜産向けクラウドシステム「Farmnote」

株式会社ファームノートHDが提供する酪農・畜産向けのクラウド管理システムは、従来の紙によるアナログな台帳管理等すべてをクラウド化し、あらゆるスマートデバイスでの共有と、時間や場所を選ばない管理を可能にしている。

酪農・畜産生産者の働き方を含む業務効率化を目的としたもので、情報の共有やコミュニケーションの改善、経営判断の的確化にも貢献する注目のクラウドシステムという。

安倍首相、吉川大臣にクラウドシステムを説明する小林氏

実際に導入をした生産者の評判は総じて良く、効率的かつ正確性に優れた管理能力はもちろんのこと、操作性を重視したUIにより、誰でも簡単に利用できる点も高評価だ。

日本の酪農飼養形態の50%以上を占める「繋ぎ牛舎」は、牛の行動量が大きく低下するため、従来のモニタリング製品では利用対象外となっていた。だがファームノートが開発した「繋ぎ牛舎」専用のアルゴリズムでは、限られた行動データの中から受精適期の検知が可能。従来ではなし得なかった飛躍的な生産性向上を図ることができる。

製品のリリースから約5年、現在では国内約2900戸の酪農・畜産生産者に導入されている。この数字は国内全体のシェアの約8%を占めるものであり、同社のスピーディーかつ真摯な顧客課題への解決姿勢が実を結んだ結果といえる。


今後の展開について代表取締役社長の小林晋也氏は「酪農や畜産分野のさらなる深堀、海外展開、ほかの農業分野への展開を見据えている」と語った。

<参考URL>
第5回「日本ベンチャー大賞」農林水産大臣賞(農業ベンチャー賞)受賞のお知らせ
株式会社ファームノート
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。