オプティム、ハウス栽培でAI予測を活用する「農作物収穫時期・収量予測システム特許」を取得

株式会社オプティムは、「農作物収穫時期・収量予測システム特許」を取得したことを発表した。

今回取得した特許は、レーンを撮影した映像・画像から、認識した農作物の熟度を判定し、熟度とレーンにおける環境データ(温度・日射量など)を組み合わせ、AIが適切な収穫時期・収穫量を予測するというもの。



本特許を活用することで、ハウス栽培が行われている農作物(トマト・ナス・イチゴ・ぶどう・メロンなど)の収量や収穫時期を知ることができるようになり、農作物の品質安定化、収穫に適切な人員の調整ができ、営農計画の最適化を図れるという。


特許活用事例としては、同社が提供しているハウス管理サービス「Agri House Manager」がある。ハウスなどで栽培された作物の管理・分析を行うサービスで、ハウスに設置されたセンサーが集計したデータと、スマートフォンやネットワークカメラ、陸上走行型ロボット「OPTiM Crawler」などで撮影した画像データをAIを用いて解析し、作物の収量予測(個数カウント、収穫適期判定)を行う。


特許の概要
特許番号:6999223(日本)
出願日:2018年7月31日
登録日:2021年12月24日(日本)


Agri House Manager
https://www.optim.co.jp/agriculture/services/agri-house-manager
ニュースリリース|オプティム
https://www.optim.co.jp/newsdetail/20220805-ip-01

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。