AGRI SMILE、バイオスティミュラントの普及に向けたサービスを開始

ICTを活用した農業ソリューション等を提供する株式会社AGRI SMILEは、「AGRI SMILE 評価指標」と「AGRI SMILE ライブラリー」の2つを活用して、バイオスティミュラント商品の利用や販売に必要な情報をワンストップで提供するサービスを開始した。


「AGRI SMILE 評価指標」は、バイオスティミュラントの有効度を測定する国内唯一の評価指標。元素解析や遺伝子解析、植物ホルモン解析など科学的アプローチを用いてバイオスティミュラント商品の有効性をスコアリング(点数化)する。


「AGRI SMILE ライブラリー」は、農業資材としての有効性を示すバイオスティミュラント原体(20件)をデータベース上に記録したもの。バイオスティミュラントの開発や改良に活用できるのが特長で、「開発に掛かる期間およびコストの大幅低減」、「作用メカニズム解明済み素材を用いた理論的なアプローチ」、「偶発的な発見や勘に頼らない開発」などに役立つ。


同社が開始したサービスの概要は以下の通り。

1.AGRI SMILE 評価指標による適正な情報提供サービス
国内外のバイオスティミュラント商品を対象に、「SMILE 評価指標」を活用して該当商品の有効性をスコアリング(点数化)し、その内容を生産者にわかりやすく伝える。

2.バイオスティミュラントの利用推進サービス
連携する農業協同組合等を対象に、「AGRI SMILE 評価指標」の結果から環境保全型農業への利用有効性が高いと判断されたバイオスティミュラント商品を提案する。

3.バイオスティミュラントの販売推進サービス
バイオスティミュラント商品を販売する企業等を対象に、「AGRI SMILE 評価指標」と「AGRI SMILE ライブラリー」をの2つを活用した科学的根拠によるサポートを行い、その販路拡大を支援する。

4.脱炭素地域づくり支援サービス
食品残渣を活用したバイオスティミュラントと農業協同組合や企業等を巻き込んだエコシステムを活用して地域の脱炭素化に貢献する。


環境保全型農業と脱炭素社会の両方を実現


現在、日本では脱炭素社会の実現を目的に、バイオスティミュラント資材を活用した環境保全型農業への移行が進められている。

しかし、バイオスティミュラントの作用メカニズムを正確に確認するためには、最適配合・最適濃度の設計および植物試験・遺伝子発現解析等の検証を行う必要があることから、農業資材としての有効性を簡単に示せる新たな技術の開発が求められていた。

同社は、今回開始したサービスを通じ、バイオスティミュラント市場の活性化を促進することで、環境保全型農業と脱炭素社会の両方を実現していく考えだ。



株式会社AGRI SMILE
https://agri-smile.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. よないつかさ
    1994年生まれ、神奈川県横浜市出身。恵泉女学園大学では主に有機栽培について学び、生活園芸士の資格を持つ。農協に窓口担当として5年勤め、夫の転勤を機に退職。アメリカで第一子を出産し、子育てをしながらフリーライターとして活動。一番好きな野菜はトマト(アイコ)。
  2. syonaitaro
    1994年生まれ、山形県出身、東京農業大学卒業。大学卒業後は関東で数年間修業。現在はUターン就農。通常の栽培よりも農薬を減らして栽培する特別栽培に取り組み、圃場の生産管理を行っている。農業の魅力を伝えるべく、兼業ライターとしても活動中。
  3. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  4. 沖貴雄
    1991年広島県安芸太田町生まれ。広島県立農業技術大学校卒業後、県内外の農家にて研修を受ける。2014年に安芸太田町で就農し2018年から合同会社穴ファームOKIを経営。ほうれんそうを主軸にスイートコーン、白菜、キャベツを生産。記録を分析し効率の良い経営を模索中。食卓にわくわくを地域にウハウハを目指し明るい農園をつくりたい。
  5. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。