農業の経営管理支援ツール「AGRIOS生産管理」に無料プランが登場

農業用SaaSシステム「AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理」を販売する株式会社ファームオーエス(神奈川県藤沢市 代表取締役:井出寿利)は、フリープラン(無料)を含む新たな料金プランへのリニューアルを発表した。

これにより、AGRIOS生産性管理を利用するためのプランは、フリープラン、有料プラン、働き方改革プラン(助成金活用)の3種類へと改定し、より手軽に利用できるようになった。


AGRIOS(アグリオーエス)生産性管理とは?


AGRIOS生産性管理は、農業の経営管理を支援するSaaSシステムで、農場の作業量データと各種実績管理を分析の視点を持って効率的に管理するプラットフォームだ。農業生産法人 株式会社井出トマト農園の経営者である井出寿利氏がプロダクトオーナーとなり、農業の経営管理(事業、人員、販売計画)のため、エンジニアとともに作ったソフトウェアである。

開発のきっかけは、長年にわたる同氏の農業経営の中で生まれた「悩み」にある。当時は農業の実績管理や、人時生産性に関するデータを用いた経営改善に活用できるサービスは見当たらず、これまでの経験や、勘のみを頼りに農業経営を行っていた。

「人が増えるとなぜ効率が下がるのか?どうすれば効率を上げられるのか?」

AGRIOS生産性管理は、同氏が感じてきた長年の悩みをヒントに、農業の現場に適した発展性のあるサービスを目指してできたシステムで、農業経営のOSとなる農業に特化したSaaSシステムである。


AGRIOS生産性管理の新料金プラン


今回発表された新プランのひとつであるフリープランは、農園アカウント1つとスタッフアカウント2つの登録と最大5つまでの作型が可能で、システム内のすべての機能を利用できる。さらに有料プランの初期費用は無料となり、農業生産者がより導入しやすい環境にもなっている。

もうひとつの新プランである、働き方改革プランは厚生労働省が実施している「時間外労働等改善助成金(働き方改革支援コース)」や、「時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)」等、助成金の活用を前提としたプランだ。


同社はAGRIOS生産性管理を通じて、人と企業を企業と社会をつないで結び、農業経営の生産性向上と農産物の流通に寄与。最終的には社会課題の解決や農業の産業化、食料の安定供給を目指している。2025年には3,000件の農業経営者をつなぎ、データの活用による流通チャンネルの構築、事業的農業発展のためのインフラ化を図りたい考えだ。

<参考リンク>
株式会社ファームオーエス
働き方改革支援コース
職場意識改善コース
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。