「食べチョク」米の取り扱い開始へ 神明ホールディングスと業務提携

こだわり生産者の集うオンラインマルシェ「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは、米卸で国内大手の株式会社神明ホールディングスと資本業務提携契約を締結した。これに伴い取扱農作物の拡大、サービスの充実、物流効率化などで連携を進める予定だ。

事業提携で生産者により多くの価値を


ビビッドガーデンは「生産者の“こだわり”が正当に評価される世界へ」をビジョンに掲げ、こだわりのある農家に高い利益率での販路を提案するオンラインマルシェ「食べチョク」を提供。現在は全国から450軒以上の生産者が登録している。

神明ホールディングスは「私たちはお米を通じて、素晴らしい日本の水田、文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献する」という企業理念のもと、米穀事業を推し進めている。同時に、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品の製造販売、外食事業の展開など、青果物や水産品も含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」の構築に向け積極的に事業を展開中だ。

ビビッドガーデンの持つ「食べチョク」のプラットフォーム、神明ホールディングスの持つ物流関係も含めたグループ会社との連携により、生産者により多くの価値を提供できると考え、今回の資本業務提携に至った。生産者のこだわりが正当に評価されることで生産者が正しく儲かる仕組を構築し、日本の水田や文化を守り人々の明るい食生活に貢献することが狙いだ。

業務提携の内容

  • 両社における米をはじめとした取扱農産物の拡大
  • 消費者向け「食べチョク」のサービス充実、認知拡大
  • 飲食店向け「食べチョクPro」における販売先の拡大
  • 「食べチョク」及び「食べチョクPro」における配送の効率化
  • その他両者協議により必要と考えられる事項

業務提携の内容は以上の5つが挙げられている。詳細については両社間で協議のうえ、別途取り決めを行う予定だ。

食べチョクについて



『食べチョク』では、減農薬・減化学肥料、出来るだけ自然に飼育された畜産物、持続可能な漁業による水産物という3つの基準があり、それを満たす生産者であれば誰でも無料で出品者登録ができ、その時に採れたものを自分の好きな価格で売ることができる。出品された食材はサイト上から購入すると、収穫後すぐに生産者より直送される。

既存のサービスとは異なり、生産者と消費者が直接つながることができるため、通常流通しない珍しい食材も販売されている。日本のオーガニック農家は全体の約0.5%程度とも言われるなか、食べチョクには現在400軒以上のオーガニック農家が登録している。こだわって作ったものを自分で決めた価格で販売したい生産者におすすめのサービスとなっている。

<参考URL>
食べチョク
株式会社神明ホールディングス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。