バイオマスレジンとヤマタネ、コメ由来のバイオマスプラスチック活用に向け連携

株式会社バイオマスレジンホールディングスと株式会社ヤマタネは、コメ由来のバイオマスプラスチックである「ライスレジン®」を使用した製品の開発等を通じて、環境負荷の低減に取り組む業務提携契約を締結した。

バイオマスプラスチックの用途拡大によってコメの新たな需要を生み出し、持続可能な農業生産体制を構築することで豊かな社会づくりに貢献する。


耕作放棄地の問題を解消


バイオマスレジンホールディングスは、食用に適さない古米や米菓メーカーなどで発生した破砕米を原料にしたコメ由来のバイオマスプラスチック「ライスレジン」を製造する企業。また、京都大学と共同でコメ由来の生分解性樹脂である「ネオリザ」を開発。全国の休耕田や耕作放棄地を活用したバイオマスプラスチック用のコメ作りも進めている。

ヤマタネは、大正13年に創業したコメ卸大手の老舗企業。全国の優良産地やJA等と連携し、持続可能な農業の実現に向けた活動を推進している。

両社の取り組みの一環として、コメ由来のバイオマスプラスチック「ライスレジン」製の国内初となる輸送用パレットをヤマタネ印西精米センター(千葉県印西市)で導入することが決定。

これを皮切りに連携を深め、さまざまなシーンにおけるバイオリファイナリーの推進を図るとともに、農業生産振興と循環型社会実現との両立を目指していくという。

「ライスレジン」製の輸送用パレットのイメージ(メーカー:三甲株式会社)

今後の展開としては、ヤマタネが保有する産地ネットワークを活用して「ライスレジン」の原料となる資源米の生産を拡大。資源米をコメ生産の新たな出口とし、安定的・持続的な生産に取り組むことで、耕作放棄地問題の解消を目指す。

また、今回導入する国内初の「ライスレジン」製の輸送パレットをはじめ、包装米袋や食品什器、その他さまざまな商品の開発に共同で取り組み、国内外でのさらなる利用を拡充する。さらに、地域や農作物の生産・流通の過程で発生する未利用バイオマスについても、産地や第三者を交えた協議を進め商品への活用を目指す。

株式会社ヤマタネ 代表取締役社長 山﨑元裕氏のコメント


「コメ生産者の平均年齢が70歳を超える一方で、主食としてのコメ需要は減少を続けています。これらを背景として生産者の離農が進み、加速的に水田の荒廃が進んでいます。国が掲げる『食料自給力』の基幹となる『稲作』に伏在する価値が一段と高まっています。バイオマスレジンホールディングス様は、コメが持つ資源としての一面をとらえ、その可能性に挑戦し続けてこられました。今回の業務提携により、稲作が持つ力を多面的にとらえることで、農地の荒廃に歯止めをかけ、持続的な農業の実現と環境に優しい社会づくりに貢献してまいります」

株式会社バイオマスレジンホールディングス 代表取締役CEO 神谷雄仁氏のコメント


「当社は弥生時代から続く稲作を次世代に残すべき素晴らしい文化と考えております。そのお米を資源としてとらえ、日本発のコメ由来の国産バイオマスプラスチックの普及を通じて、環境や農業課題への認識を深めるとともに、もっと日本のお米や農業の素晴らしさを世界に向けて発信していきたいと考えています。2024年に創業100年を迎えるヤマタネグループ様と協力し、さらなる地域コミュニティの発展と農業の活性化に取り組んでまいります」


株式会社バイオマスレジンホールディングス
https://www.biomass-resin.com/
株式会社ヤマタネ
https://www.yamatane.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便