『AI潅水施肥システムを活用したミニトマト栽培の取り組み』 が MCPC award 2019モバイルビジネス賞を獲得

宮城県東松島市にある株式会社KDDIエボルバの農産物栽培拠点「幸 満つる郷 KDDIエボルバ 野蒜」で実施された『AI潅水施肥システムを活用したミニトマト栽培の取り組み』が、2019年11月28日開催された「MCPC award 2019」のモバイルビジネス賞を受賞した。

左 MCPC会長 安田康彦

「MCPC」 と 「MCPC award」

「MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)」とは、業界の枠を越えてモバイルコンピューティング、IoT/M2Mシステムを普及促進することを目的に発足された任意団体だ。
「MCPC award」は、モバイルシステムの導入により業務の効率化や業績向上、顧客満足度向上、社会貢献の推進、先進的なモバイル活用などの成果を上げた事例を顕彰するもので、モバイルソリューションやIoT/M2Mシステムのさらなる普及促進を目的に開催されている。

ユーザー部門とサービス&ソリューション部門があり、今回開催された「MCPC award 2019」では、同社のモバイルビジネス賞のほか、グランプリを含む15の賞が選出された。

宮城県東松島市で実施された『AI潅水施肥システムによるミニトマト栽培』


同社が受賞した『AI潅水施肥システムによるミニトマト栽培の取り組み』は、農産物栽培を通じて震災の復興支援と障害者雇用創出に取り組む「幸 満つる郷」 での、IT活用による「農産物の収量と味(品質)の向上」および、ITと人の分業による「自動化と人手による作業重点化の実現」が評価されたもの。

2019年6月より開始したという、この取り組みは、AIとIoTによるミニトマトの栽培管理の自動化を目的に、効率化や品質、収穫量、食味、果肉サイズ等の向上と収穫時期の短縮、栽培データの可視化などの実現を目指したものである。

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を導入

同社は、AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を導入し、IoTを用いた栽培管理や、水やり・追肥の完全自動化を実現。
ミニトマトの生育状態を遠隔監視・管理する屋外クラウド録画パッケージも導入し、さらにビニールハウス内の日射量を自動調整する遮光カーテンも導入した。
結果、出荷数は前年比の2.4倍、収穫時期は1週間短縮されたという。


ITで数値化された適切量の「水やり」や「追肥」の自動供給により、食味や品質、サイズの向上を目的とした、人の手による芽欠き、枝の誘引等の作業時間が大幅に増加。ITによる栽培データの集積は、今後の安定収穫と栽培ノウハウの蓄積につながると考えられている。
47℃を超えるビニールハウス内も、日射量を自動調整する遮光カーテンの導入により最適な生育環境となり、熱中症対策として社員の健康や安全にもつながることも実証された。

復興への想いをカタチに


「幸 満つる郷 KDDIエボルバ野蒜」では、復興への想いをカタチにするため、宮城県東松島市野蒜地区での農産物栽培・販売を通じて、地元の障害者雇用と地方創生に取り組んでいる。今後も社員の笑顔を大切に、ひとつひとつの「つながり」を大切にした積極的なチャレンジを行っていく方針だ。

同社は「幸 満つる郷」における農産物の栽培や販売、コミュニティ拠点活動を通じ、東松島市の復興支援や地方創生、障害者の雇用推進に積極的に取り組む考えを示している。

左 KDDIエボルバ代表取締役副社長 佐藤司、右 幸満つる郷 所長 稲葉浩受賞式の様子。KDDIエボルバ 代表取締役副社長の佐藤司氏(左)と幸 満つる郷 所長の稲葉浩氏(右)

<参考リンク>
MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
株式会社KDDIエボルバ
幸 満つる郷 KDDIエボルバ 野蒜
AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。