スマホカメラ×AIでイチゴの病害虫&収穫予測 ──株式会社美らイチゴ(沖縄県)

沖縄県で観光農園を営む株式会社美らイチゴは、2018年10月より、撮影した画像をAIで解析し、病害虫や収量予測を行うシステムの開発に携わっている。このAIのディープラーニングと画像解析を担当しているのは株式会社オプティム。2018年(平成30年)に農林水産省の補助金事業「農業界と経済界の連携による生産性向上モデル農業確立実証事業」として採択され、2020年までの3カ年計画で実証実験が進められている。

プロジェクトの正式名称は、「AIの画像解析技術を活用した収穫予測と病害虫の検知手法の確立」。スマートフォンとAIの画像解析技術を活用し、イチゴの撮影画像から収穫予測と病害虫の検知ができる汎用性の高いシステムを確立することにより、イチゴの生産作業の最適化を図るのが目的だ。

このプロジェクトの仕掛け人は、美らイチゴ 取締役副社長の遠藤健二さん。大学卒業後に農業コンサルタントとして活動し、一度海外を見てきたのち、新規就農として農業に携わった。いまでは農家歴約20年のベテラン農家だ。

なぜこのようなアイデアを考えたのか、そしてなぜオプティムと協業することになったのだろうか。



きっかけはトマトのAI画像解析技術の展示

「最初はトマトとキュウリから始めたんですが、こういった野菜や葉物野菜はほかとの差別化がとても難しいんです。それで、育てやすさや収益が上がりやすいこと、小規模農家でも大規模農家に負けない可能性があることなどから、イチゴを手がけるようになりました」

2016年から遠藤さんがスタートさせたイチゴ農園はその後順調に拡大し、現在は7500平方メートルのビニールハウス3棟、2600平方メートルのビニールハウス2連棟にまで拡大。観光農園として沖縄で人気を博している。

そんな遠藤さんがオプティムと出会ったのは、2018年に大阪で開催された「関西農業ワールド」だった。オプティムが展示していた、トマトの生育状況をAIにより画像解析するシステムに興味を覚えて、担当者に声をかけたのだという。


「農業は常に人手不足で、パートさんにお願いしたりすることが多い中で、栽培を安定させるためにベテランの管理者ばかりが観察できなくなる時代がきっと来る。そういう時に病害虫などを事前に警告してくれる仕組みが安く作れないかと考えていました。ちょうど展示会の場でトマトのAI画像解析の展示を見て、『これをスマホでやれませんか?』と質問したんです」

ほぼ確実にカメラが付いており、画質も申し分なく、誰もが持っていて操作も簡単なスマートフォンで撮影ができるようになれば、ソフトウェア=スマホアプリをインストールするだけで画像解析できて使い勝手がよくなると、遠藤さんは考えていた。オプティムに対しては農機メーカーではなく技術の会社というイメージがあったため相談してみたところ、その場で「具体的な話をしましょう」とGOサインがもらえた。

「一般的にはこういう補助金が必要な事業の企画は、半年くらいアイデアを練ってからという感じですよね。オプティムさんじゃなかったらまとまらなかったと思います」

この時、冒頭で紹介した農水省の補助金事業の締め切りまでわずか2週間。しかしオプティムの迅速な対応もありアイデアが認められ、プロジェクトは無事採択された。


AIの判別の成否を人間が確認する地道な学習作業

オプティムと美らイチゴによるイチゴのAI画像解析プロジェクトは、2018年10月から具体的にスタート。2019年3月の観光農園の営業が終わった時点で、やっとデータの収集がひと段落したところだ。

まずは、イチゴの苗がある程度大きくなってきた段階から、虫や病気が出た箇所の画像を撮影し、現場での判定基準をオプティムに共有していく。撮影には2台のスマホを用意し、収穫に使うカートに固定。イチゴの横と上から撮影することで、見えにくい場所まで記録していく。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。