食べられるインクを用いて、プラスチックを使わない野菜直売所を実証実験

ノウ株式会社は、白石農園の協力のもと、エディブルインク(食べられるインク)を活用した”脱プラスチック野菜直売所”で、新しい野菜の売り方のアイデアの実証実験を行った。

白石農園の野菜直売所

脱プラスチックで暮らしを豊かに

グローバル企業の多くもSDGsへの対応で、2025年までにパッケージリサイクル100%を掲げるなど、世界は今プラスチックフリーへの転換期を迎えている。
日本国内でもたびたび、スーパーで並ぶ野菜やその他の食品の過剰包装の問題が取り上げられることもあり、身近なところからでも行えるアクションの必要性が叫ばれている。

その背景を受けて、東京都内で最も多くの野菜の直売所が存在する練馬区で、350年続く農家である白石農園と、クリエイティブで暮らしに関する課題解決を行うノウ株式会社により、農園に隣接する直売所や出店したマルシェで、プラスチック包装を行わない野菜販売のアイデアの実践を行った。

ねりま女子マルシェ出店の様子
身近なスーパーや全国の直売所でも野菜の劣化を防いだり、まとめ売りするためにビニール袋が日常的に使われているが、プラスチックフリーに少しでも意識を向けてもらい、環境意識を高めてもらうことが目的のひとつだ。

生産者を巻き込む面白いアイデアと仕掛け

売り方のアイディアとして、エディブルインクを活用。フードペン(フードペンは原材料が、水、グリセリン、エタノール、クエン酸に食用色素が加えられてできたイタリア製の食べられるインクのペン)を用いて主に市場に出回らないB品野菜にステンシルの技法で、文字を転写したり、顔のイラストを書いて、包装が無い代わりに手に取ってもらう実験を行った。

ステンシルで生産情報を記載
足の割れてしまった人参に顔を描くと子ども達の反応が良い
共通アイコンとして「脱プラスチック販売所 やさいやさん」の看板を制作。練馬区の古民家で出た廃材を活用し、黒板描きアーティスト、チョークボーイ率いる手描き集団「What a Hand-Written World!(すばらしき手描きの世界)」略して「WHW!」による手書き看板を設置している。

共通アイコンとしての「脱プラスチック販売所 やさいやさん」看板
今回作成した看板や野菜の販売アイディアは、今後、練馬区の協力農家さんの直売所にも実践していく予定だ。


ノウ株式会社
https://know-corp.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。