米国向け「日本産うんしゅうみかん」の臭化メチルくん蒸義務が解除、産地が取り組みやすい条件での輸出が可能に

農林水産省は、米国アリゾナ州、カリフォルニア州、テキサス州、ハワイ州、フロリダ州、ルイジアナ州へ輸出する際に行われていた「日本産うんしゅうみかん生果実」の臭化メチルくん蒸の義務を2020年2月1日に解除した。日米間で行われた植物検疫協議によるもので、今後は臭化メチルくん蒸による検疫は不要となる。


臭化メチルくん煙はあらゆる農産物の殺虫・殺菌に効果を発揮する検疫用の農薬。米国は日本に対し、病害虫の侵入を防ぐ観点から柑橘(かんきつ)を商業的に生産している6州への輸出には、臭化メチルくん蒸による検疫を義務付けてきた。

一方、日本では産地からの規制緩和の要望もあり、農林水産省では臭化メチルくん蒸を施さない植物検疫条件での輸出が可能になるよう、米国の植物検疫当局と技術的協議を積み重ねてきたという。今回の解除により、臭化メチルくん蒸は米国の植物検疫条件から除外され、今後は臭化メチルくん蒸を実施せずに「日本産うんしゅうみかん生果実」を輸出することが可能になった。

新しい検疫条件


日米両国は、今後新たな検疫条件のもと「日本産うんしゅうみかん生果実」の輸出を行うと発表。

輸出の対象地域は本州、四国、福岡、佐賀、長崎、熊本県で生産されたものとし、大分県、宮崎県、鹿児島県で生産されたものついては輸出を見送る考えだ。

検疫対象の病害虫は、カンキツかいよう病、コウノアケハダニ、ミヤケハダニ、タイワンコナカイガラムシ、フジコナカイガラムシ、ミカンヒメコナカイガラムシ、ヤノネカイガラムシ、ミカンクロアブラムシ、ミカンキジラミ、ミカンバエの10種。

輸出時には、日本の植物防疫所に対して生産園地を登録するための申請を行い、登録された選果・梱包施設で選果や次亜塩素酸ナトリウムによる果実の表面殺菌および梱包を実施。日本の植物防疫官が検査し該当の病害虫がいないことを確認する。

今後は九州産「日本産うんしゅうみかん生果実」を対象とした、ミカンバエの発生を確認するトラップ調査と果実調査が予定されている。


農林水産省
https://www.maff.go.jp/
植物防疫所
https://www.maff.go.jp/pps/j/guidance/outline/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。