新型コロナ禍の南三陸をねぎで応援 「不屈のねぎ限定BOX」販売

新型コロナウイルス感染症の影響により困窮している農業支援として、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」は南三陸ねぎ(5本)、家庭菜園を楽しむための南三陸ねぎのたね、三陸産海藻入り仙台味噌汁の素(5種)が入った「不屈のねぎ限定BOX」を期間限定、数量限定で発売している。第1回の5月11日〜13日は販売終了し、5月16日から当面の間、販売される。


東日本大震災で被災した南三陸農業支援に携わっている「南三陸ねぎ応援プロジェクト」が主体となって進めるこの企画は、“農業応援 × 励ましたい友人・知人を応援“の2つの支援を同時に実現することを目指している。



震災にも負けなかった「不屈の南三陸ねぎ」で新型コロナに打ち勝つ

南三陸ねぎ応援プロジェクトとは、クリエイティブによる「認知拡大」「認知価値の向上=ブランド価値の向上」を軸とする南三陸ねぎを通じた東北復興の支援団体。

「南三陸ねぎ」につまった、不屈のストーリー、生産者の想い、生産現場の状況、その味わい、食べた人のレビューなどをより多くの人に伝え、「南三陸ねぎ」との出会いをつむぐことによって、ブランド価値の向上、収益性の向上、交流人口増加、就農者の増加に寄与し、東北復興の一助としての役割を目指している。

「コロナの影響で学校給食がストップし出荷が全てキャンセルになったり、中国で余った野菜が日本に輸入されていることから出荷制限がかかったりしている、と深刻な被害が出ているねぎ農家さんから相談を受けました。」と語るのは当プロジェクトのリーダーを務める八幡清信。

東日本大震災で被災した東北地域。南三陸町も当時ニュースでよく目にした地名であることは言うまでもない。生きるか死ぬかの窮地を脱し今を懸命に生きる者だからこそ、今の世情を見つめる目は非常に鋭い。


震災で被災しても負けずに立ち上がるねぎ農家、塩害を受けた不毛の地でも負けずに育つ南三陸ねぎ。新型コロナウィルスで負けそうになっている人に、南三陸ねぎが持つ不屈の魂で元気になってもらえればと「不屈のねぎ限定BOX」の販売を開始した。

<農家さんの声>

経済活動が停滞している現在、生産現場にも暗い影がひしひし忍び寄っています。

生産者がそれぞれ工夫をこらして頑張っています。そんなネギを応援プロジェクトとして扱って頂き本当にありがとうございます。

縁があってつながった皆さんにただただ感謝申し上げます。

ネギは昔から免疫力U Pに有効なイメージがあります。コロナウィルスに負けない様にこのご時世、共に乗り切って行きましょう。



<購入者の声>
「前に購入した時に、その美味しさに感動したので、今回も応援購入させて頂きました!
農家の皆さん、頑張って乗り越えて欲しいですね。」

「私も購入の申し込みをさせていただきました。
コロナウイルスが終息したら、東北旅行をする予定です。
頑張れ東北!頑張れ日本!頑張れ世界!」

現地でねぎの収穫がされ次第発送準備を開始。発送完了後に申し込み者へメールがいく。商品は直接自宅に届けてくれる。



販売商品概要

【商品名】「不屈のねぎ限定BOX」
【価格】3,600円(税・送料込)
【販売期間】
  1. 5月11日~ 5月13日 (3日間限定、販売終了)
  2. 5月16日~ 当面の間
*数に限りがございます。売り切れの際はご了承ください。

【セット内容】
  • 特製NEVER GIVE UP BOX入り
  • 南三陸「不屈のねぎ」(5本)
  • 海藻入り仙台味噌汁の素(5食分:①わかめ ②ふのり ③とろろ ④めかぶ ⑤まつも)
  • おうちで「不屈のねぎ」を育てよう!「不屈のねぎの種」同梱

【海藻入り仙台味噌汁の素について】
  • わかめ(三陸産) わかめの王様「三陸わかめ」は葉も厚く「シャキシャキ感」を存分に楽しめます。
  • ふのり(気仙沼大谷産) 全て手摘みで収穫し丁寧に洗浄、磯の風味豊かな三陸ふのりです。
  • とろろ(三陸産天然昆布使用) 昆布以外不使用、無添加。職人さんの手挽きで荒め仕上がりです。
  • めかぶ(気仙沼産) 収穫時期で一番「練り」と「柔らかさ」が増す2〜3月のめかぶだけを厳選して使用しています。
  • まつも(気仙沼産) 高級海藻とよばれるまつも独特の風味と食感をお楽しみください。

【商品の発送について】
現地農家さんの収穫後、発送の準備を開始いたします。
発送完了後にメールにてご連絡をさせていただきます。

【販売方法】
「不屈のねぎ限定BOX」特設サイトより申し込みいただけます


「不屈のねぎ限定BOX」特設サイト
https://37336negi.shopselect.net/
南三陸ねぎ応援プロジェクト|ホームページ
https://37336negi.themedia.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。