オンライン動画で農業技術が学べるサービス「AGRIs for Team」、JAとぴあ浜松が導入

株式会社 AGRI SMILEは、農業技術動画をインターネット上で限定配信するサービス「AGRIs for Team」が、JAとぴあ浜松が主催する園芸教室に導入されたことを発表した。


AGRIs for Teamとは


「AGRIs for Team」は、動画を用いて学習することができる農業後継者育成システム。各動画のコメント機能で農業者から指導員へ直接質問することが可能であり、アカウントをもつ全員が蓄積されたQ&Aを閲覧することができるため、営農指導の効率化にもつながるという。

複雑な農作業を動画でわかりやすく伝える

JAとぴあ浜松では、生産力強化および食農教育の一環として、JA営農指導員が直接指導をおこなう技術講習会を組合員および一般市民向けに毎年開催している。

技術講習会では作物の栽培方法や家庭菜園に役立つ作業方法などを学ぶことができ、野菜コースのほか、果樹コースや花きコースまで幅広く学ぶことができる内容となっている。

これまでJAでは講義内容をまとめた資料をホームページ上に掲載し、受講者にパスワードを通知する形をとっていたが、文章と画像のみでは農作業の細かい部分まで伝わらないなどの課題があった。


さらに、新型コロナウィルスの影響により対面での指導が困難となっていて、オンラインでわかりやすく農業の技術を伝える手段を確保することが急務とされたことから、産地の篤農家や技術指導員の栽培ノウハウをわかりやすく解説した動画を、アカウント保有者が専用のWebサイトまたはアプリケーション上で視聴することができる「AGRIs for Team」の導入を決定。

農業の現場に精通したスタッフが動画編集をおこなうため、技術情報を正確に伝えることができるという。

現在、JAとぴあ浜松の公式YouTubeチャンネルにて一部動画が公開されている。




株式会社 AGRI SMILE
https://agri-smile.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。