グローバル電子の農業用センサー、米FarmXに採用

グローバル電子株式会社は、出資先である米国のスタートアップ企業FarmX, Inc.へ「点滴灌漑パイプ用水圧センサー」、「土壌水分センサー」、「圃場ワイヤレスセンサーネットワーク機器」の3機器の出荷を開始した。

今回の出荷は、グローバル電子の製造子会社のグローバルマイクロニクス株式会社の量産体制が整い開始されたもので、同社は「ユーザーに高い付加価値サービスを提供する電子機器総合企業として社会に貢献する」とコメントしている。

グローバル電子が出荷を開始した点滴灌漑パイプ用水圧センサー
グローバル電子グループは、海外製の電子部品やシステムの販売をコアビジネスに展開する企業だ。
アナログ応用製品やセンサー製品などの企画・開発・製造を行うほか、2005年からは医療機器の企画・開発・製造を手がける。

FarmX, Inc.は、作物管理・灌漑(かんがい)の自動化・収量管理サービス等を手がける米国のスタートアップ企業。カリフォルニア州を本拠に、2020年4月からは農機大手である株式会社クボタからの出資も受け入れている。

IoT機器の提供を通じ、精密農業の普及・収益化に貢献


出荷が開始された3機器は、グローバル電子が2017年より開始したFarmXへの出資を契機に開発された製品という。

点滴灌漑パイプ用水圧センサー


広大な農場に張り巡らされた灌漑用の水パイプの水圧を監視し、適切な灌漑が行われていることをモニターするセンサーだ。

点滴灌漑パイプ用水圧センサー

土壌水分センサー


灌水を過不足なく制御するためのセンサー。圃場の地中に垂直に埋設し4つの深さの土壌水分量を同時計測する。

土壌水分センサー

圃場ワイヤレスセンサーネットワーク機器


LTE基地局を経由してクラウドに伝える電池駆動型無線ユニット。複数のセンサーからのデータを低電力で収集/送信する。

圃場ワイヤレスセンサーネットワーク機器

グローバル電子では、FarmXへの出資およびIoT機器の提供を通じて、米国等における精密農業の普及・収益化に貢献したい考えで、2020年7月には今後の需要増に対応するため、さらなる増産体制を整えるそうだ。

同社は、「2023年までにはFarmX社向け製品でおよそ8億円の売上を達成したい」とコメントしている。


グローバル電子株式会社
https://www.gec-tokyo.co.jp/
FarmX, Inc.
https://www.farmx.co/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。