日本初のVR収穫体験サービス「VRメロン狩り」、鉾田市の深作農園がリリース

茨城県鉾田市の農業法人深作農園有限会社は、VR空間での収穫体験を可能にした日本初の「VRメロン狩り」サービスを2020年6月22日にリリースした。利用料金は無料。

今回のリリースは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や移動制限の影響を受け公開されたものだという。深作農園では「産地でしか味わえない景色や雰囲気をVRで体験してほしい」とコメントしている。


深作農園は、国内有数のメロンの名産地のひとつ、茨城県鉾田市で事業を営む農業法人だ。同農園の園主である深作勝己氏は、この地でおよそ100年以上に渡り農業を営んできた深作家の6代目。農園では、メロンやイチゴ、トマト、サツマイモ、コメなどの生産を行いながら、生産品の直売所や自社養鶏場で採れた卵を使用したバウムクーヘンの専門店も展開している。

今年の2月には、「第1回 日本さつまいもサミット」にて、べにはるかで「Farmers of the year」「SATSUMAIMO of the year」をW受賞した実績もある。


圃場へのバス移動から収穫までVRでリアルに体験


今回リリースした「VRメロン狩り」は、360度動画を活用したVRによる収穫体験サービス。VR空間ではバス移動から栽培・収穫までが再現されているほか、6代目園主である深作氏が解説する収穫ポイントのレクチャーが受けられる。

バス移動の風景

メロンの収穫風景

深作氏による収穫ポイントの解説

VRゴーグルやヘッドマウントディスプレイによる3D視聴はもとより、スマートフォン等のデバイスによる通常動画での視聴も可能。アプリ等のダウンロードは一切必要ないとのこと。

今回のリリースにあたり同社では、「新型コロナウイルスの影響でメロン狩りに来られない人達にも、オンリーワンの収穫体験を楽しんでほしい」とコメントしている。


農業法人深作農園有限会社
https://fukasaku.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。