産地と消費者をつなぐ「旬八青果店」、弁当事業で規格外素材を用いた新メニュー

産地と消費地をつなぐ都市型八百屋「旬八青果店」を運営する株式会社アグリゲートは、2017年3月から、「忙しくて料理がなかなかできない」「もっと手軽に野菜が採りたい」といったニーズに応えるため、製造事業をスタートさせた。

都内に製造拠点を設け、毎朝無添加調理(同社での製造工程において食品添加物を使用しない)で作ったお弁当・お惣菜を「旬八青果店」「旬八キッチン」「旬八キッチン&テーブル全店」(現在16店舗)で販売するほか、近隣オフィスへの配送サービスも行う。


この「お弁当プロジェクト」が、4月1日から新メニューを取り揃え、さらに進化する。

新メニューは、同社のバイヤーが産地を回る中で、「規格に合わない」という理由でおいしいけれど都市に流通していない水産物・畜産物や、すばらしい加工技術を持ったメーカーと出会ったことにより開発されたもの。福島県 グリーンファームの「伊達鶏」、千葉県 青柳食品株式会社の「サバの味噌煮」、佐賀県 唐津魚市場の「アジのみりん干し」などの食材が使用されている。

伊達鶏むね肉唐揚げ弁当

この「お弁当プロジェクト」では、今後も、こだわりの加工メーカーと協力して、産地で採れた新鮮な食材を、産地で新鮮なまま加工し、冷凍流通させることで、都市においしい状態で届けていく。同時に、同社の強みである青果の仕入れを活かして自社キッチンで最終付加価値を付けたお弁当として提供することで、都市のお客様にはより「豊かな食」を、産地には「新しい経済」を提供していくことを目指す。なお、この取り組みに賛同し協業できる加工メーカーの募集も行っている。

<参考URL>
株式会社アグリゲート

旬八青果店

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。