SHARE THE LOVE for JAPAN、肥料も農薬も使わない米作りの実践者・村田光貴氏の実践を紹介

「SHARE THE LOVE for JAPAN」は、運営するウェブサイト内ページ『革新者に学ぶ』において、「村田光貴に学ぶ、代掻きは除草。草に負けない米づくり」を公開した。

「SHARE THE LOVE for JAPAN」とは?

「SHARE THE LOVE for JAPAN」 は株式会社トゥルースピリットタバコカンパニーが支援するウェブサイトで、「大地にやさしい農業」を志す全国の農家を対象に、新規就農者や熟練でありながらも強い意志で持続可能な農業に挑み続ける生産者を応援・支援するプロジェクトだ。

同プロジェクトでは、参加する農家の成長と発展を目的に全国にネットワークを広げ、さまざまな意見交換と相互支援を行っている。

2019年5月にサイト内に開設した『革新者に学ぶ』では、「イノベーターに学ぶ“半歩先の等身大の農業”」をテーマに、就農から日の浅い農家たちが有機農業界の革新者を訪ね、自立と成長のためのヒントを得る様子を紹介。

今回の「村田光貴に学ぶ、代掻きは除草。草に負けない米づくり」では、大分県国東半島在住の村田光貴氏による「農薬も肥料も使用しない自然栽培の米づくり」の知恵や技術を伝える取り組みを知ることができる。

『革新者に学ぶ』第2弾
~村田光貴に学ぶ、代掻きは除草。草に負けない米作り~


村田光貴(むらた・こうき)氏は、自身が食物アレルギーに苦しんだ経験を元に「誰もが制限なく食べられる食品」をつくるべく、高校卒業後、岩手県の陸前高田市で農業を始めた。

同氏は就農以来、有機農法による野菜や果樹の栽培をしていたが、2011年3月の東日本大震災での被災をうけ大分県国東市に移住。自然栽培での米づくりへの挑戦をスタートさせた。

現在は、夫婦で12ha(ヘクタール)もの田んぼを手がけ、米と温泉水だけでつくったお米の麺や、シリアルやマカロニなどの加工品の企画・開発にも取り組んでいる。

また村田氏は「SHARE THE LOVE for JAPAN」には震災後の立ち上げ時から参加しており、そのユニークな栽培や経営方法はまさに「革新者」に相応しい。

村田光貴氏と「SHARE THE LOVE for JAPAN」で学ぶ米農家の人達

今回の『革新者に学ぶ』では、同じ活動に参加する米農家へ、自らの創意工夫から得られた知見を惜しみなく披露している。

今後も「SHARE THE LOVE for JAPAN」では、「大地にやさしい農業」を志す新規就農者や成長と発展を目指す農家を支援、広く情報を公開していく考えだ。

<参考リンク>
株式会社トゥルースピリットタバコカンパニー
SHARE THE LOVE for JAPAN
SHARE THE LOVE for JAPAN Facebookページ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。