「RE100」加盟のワタミ、「三代目 鳥メロ」笹塚店で外食店舗初の100%再エネ導入

2019年7月19日、外食大手のワタミ株式会社は、チェーン展開している「三代目 鳥メロ」笹塚店の使用電力を、同月7日より100%再生可能エネルギーに切り替えたと発表した。同社が加盟している「RE100」の目標に向けた第一歩とし、国内の外食関連企業では初めての取り組みとなる。



「RE100」加盟の環境先進企業が続々

「RE100」とは、使用する電力の100%を再生可能エネルギーに推進する国際ビジネスイニシアチブで、国際環境NGOのThe Climate GroupとCDPが運営する企業プラットフォーム「We Mean Business」の一部だ。

再生可能エネルギーとは、太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスなどに由来し、主に電気や熱として利用する自然エネルギーを指す。これら再生可能エネルギーの活用にあたっては、エネルギーコストの抑制やCO2の排出削減などへの寄与も見込めることから、「RE100」メンバー加盟企業にはITから自動車製造までの幅広い業種が含まれている。

日本でも、2017年に新規加盟した株式会社リコーを筆頭に、2019年1月までに環境先進企業である大手15社が続々と加入。そのうち2018年3月には、グループ全体が推進する「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進に基づき、ワタミが外食(レストラン・居酒屋)業態においては国内初となる参加表明を果たした。




100%再エネ導入で低炭素社会を実現

ワタミでは「RE100」への参入に際し、以下の目標を掲げている。

【ワタミグループ「RE100」加盟の目標】
①2040年までに事業活動で消費する電力の100%を再生可能エネルギーにする
②中間目標として、2035年までに事業活動の消費電力のうち50%を再生可能エネルギーにする




これらの目標達成に向けた第一歩として、同社は2019年7月7日より「三代目 鳥メロ」笹塚店の使用電力を100%自然エネルギーに変換するための取り組みを開始。
当日は、「RE100」をテーマにした店内ポスターやTシャツを作成した上で、従業員を含む全顧客に「RE100」の概要や、環境への取り組みに関する周知を図った。

この日に切り替えた再生可能エネルギーは、同社食品工場・東松山センターの太陽光パネルで発電したFIT電気を非化石価値証書と組み合わせることにより、CO2排出量ゼロの環境価値を付加した電力として、グループ会社のワタミファーム&エナジー株式会社から購入しているとのこと。

ワタミでは、これまでにも環境先進企業として、外食や宅食などの事業活動における環境負荷低減や、循環型社会構築のための環境改善事業などを手がけ、2010年には環境省より外食業界で唯一の「エコ・ファースト企業」認定を受けてきた。

その延長となる今回の取り組みや「RE100」第一号店舗の誕生を皮切りに、今後は外食や宅食といった事業における使用電力の再生可能エネルギーへの切り替えや使用電力の省エネルギー化を図り、「RE100」の達成を目指すとしている。


<参考URL>
ワタミ株式会社
三代目 鳥メロ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。