オーガニック農産物ECサイト「食べチョク」が畜産物・水産物の取り扱いスタート

オーガニック農作物のマーケットプレイス『食べチョク』が、サイト内で『肉チョク』『魚チョク』の展開をスタートし、畜産物・水産物の取り扱いを開始した。これにて食べチョクは生鮮三品(肉・野菜・魚)すべてを取り扱うこととなり、生産者と食に関心の高い消費者や飲食店とのマッチングをさらに強化、食の総合マーケットプレイスを目指す。


『食べチョク』とは?

『食べチョク』は、株式会社ビビッドガーデン (本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:秋元里奈)が運営する、オーガニック野菜専門のマーケットプレイスだ。


基準を満たす生産者であれば誰でも出品者登録(無料)ができ、「1箱から」出品できることで人気を集めている。
出品された食材をサイト上から購入すると、収穫後すぐに生産者より発送される。
既存のサービスとは違い、生産者と消費者が直接つながることができるため、通常流通しない珍しい食材が販売されていることも魅力だ。
全体の約0.5%程度と言われている日本のオーガニック農家だが、食べチョクでは現在400以上の農家が登録している。


 

『肉チョク』『魚チョク』


農産物同様、環境への配慮など、『食べチョク』独自の基準を満たす生産者であれば誰でも出品できる。
サイト上で生産者と直接繋がることができ、出品された食材を購入すれば、一番美味しいタイミングで食材が届く点も従来の仕組みと変わらない。
畜産物・海産物の出品にあたり『食べチョク』が定める基準は以下の通りとなっている。

<肉チョク>
・家畜が自然の営みを自由に行うことができる畜舎環境を提供し、飼育管理を適切におこなっていること
・成長促進剤や抗生物質を極力使用していないこと
・飼料に化学的なものを極力使用せず、配合内容を事前に提示できること

<魚チョク>
・持続可能で環境に配慮した漁業をおこなっていること
・水揚げ後の薬剤処理を極力おこなっていないこと
・養殖の場合は飼料に化学的なものを極力使用せず、配合内容を事前に提示できること

登録生産者の一例をご紹介

【ウニ】 ひろの屋(岩手県)

北紫ウニの育成が盛んな岩手県九戸郡洋野町は、通称「うに牧場」と呼ばれる天然岩盤を利用したウニの増殖溝が各地に点在、世界唯一の漁場として有名だ。 「うに牧場」のウニは、肉厚な昆布を食すことにより他地域よりも甘さが際立ち、実入りが良い。

[10セット限定]生ウニ+ワカメセット 3,795円
代表の下荢坪さん


【マグロ】 臼福本店(宮城県)

貴重な水産資源を枯渇させることなく次世代に繋ぎ、持続的な漁業を行っていくことを使命ととらえ、サスティナブルな漁法で取り組む。所有する6隻の昭福丸はベテランの凄腕船頭たちに率いられ、世界各地で、1年以上にも及ぶ厳しい航海を繰り返しながらマグロを追っている。

天然めばちまぐろセット 4,000円
代表の臼井さん
代表の臼井氏


【豚肉】 山西牧場(茨城県)

「肉のおいしさは脂で決まる」「良質な餌が脂をつくる」という先代の信念のもとに、コストや生産性よりも自分が美味しいと思うお肉をつくりたいという想いで生産をする。2018年1月には、農場の衛生管理規格「農場HACCP認証」を取得し、使用衛生管理基準を守った安全な肉豚生産にも努めている。

スペアリブ1kg 4,000円
代表の倉持さん
代表の倉持氏


【牛肉】 ルミノ牧場(広島県)

できるだけ従来の薬の使用を少なくし、納豆菌などの生菌剤を多く使用することで、より牛たちが健康に育つように配慮する。臭いを出さない環境装備を常に心がけ、安全な牛舎に保つことで牛たちのストレスを少なくするように努めている。

黒毛ジャージー(ランプ)971g 10,586円
代表の中山さん
代表の中山氏

<参考リンク>
『食べチョク』
株式会社ビビッドガーデン
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。