農業×ワーケーションの新サービス「No 農 No LIFE」β版が公開

株式会社Perma Futureは、農業とワーケーションを組み合わせた新サービス「No 農 No LIFE(略称:ののの)」のβ版を公開した。農家でのワーケーションを通じて交流人口を増やし、新たな地方創生の形を広げていく。


午前は農業、午後はテレワーク


現在日本の農業は、少子高齢化や農業従事者の減少による後継者不足や人手不足など、さまざまな問題に直面している。そのため、日本の農家は多くの人手が必要な収穫時期に、アルバイトを雇うなどさまざまな対策を講じているが、「人が中々集まらない」「人件費の相場が高くなる」などの課題が生じている。

また、コロナ禍以降テレワークが急速に普及したことで、場所を選ばない働き方が広まり、自宅や職場以外で働きつつ自分の自由な時間を過ごす働き方である「ワーケーション」の需要が増えてきている。

そこで生まれたのが、農業とワーケーションを組み合わせた「農業ワーケーション」という新しい働き方で、農作業を通じて受け入れ先の農家や他の参加者と交流できることから、地域農業の活性化や交流人口の創出などにつながると期待されている。


「No 農 No LIFE」は、農業ワーケーションに参加できるサービス。一日のうち半分は農作業、半分はワーケーションの時間をとることができ、普段の生活では味わえない非日常な体験ができるという。作業内容は収穫作業などで、作業後や休みの日は近くの観光スポットを訪れて地域の魅力に触れることもできる。

1回あたり最短3泊4日から2週間の期間で5500円から参加可能。宿泊先には古民家風のゲストハウスなどもあり、Wi-Fiなどワーケーションに必要な一通りの作業環境も完備している。


受け入れ先の農家からは、「滞在費とテレワーク環境を負担するだけなので、負担が少なくてとても助かります。農家の救世主になるサービスになるのでは」「スキルを持っている方が参加されることが多いから、農園のホームページを作成してもらったりなど、新たに関係を構築できるのが良い点だと思います」といった声が届いたとのこと。

同社では現在、サイト上で農業ワーケーションの申し込みを受け付けているほか、「No 農 No LIFE」に協力してくれる自治体、企業を募集している。

「No 農 No LIFE」
https://nononolife.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 加藤拓
    加藤拓
    筑波大学大学院生命環境科学研究科にて博士課程を修了。在学時、火山噴火後に徐々に森が形成されていくにつれて土壌がどうやってできてくるのかについて研究し、修了後は茨城県農業総合センター農業研究所、帯広畜産大学での研究を経て、神戸大学、東京農業大学へ。農業を行う上で土壌をいかに科学的根拠に基づいて持続的に利用できるかに関心を持って研究を行っている。
  4. 大槻万須美
    大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  5. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
パックごはん定期便