玄米粉で作る『アメリカンロッククッキー』【意外と使える!玄米粉の活用レシピ その2】

フードコーディネーターであり、米粉マイスターの平沢あや子さんに、玄米粉の活用レシピを教えていただくこの連載。2回目である今回は、玄米粉を使った「アメリカンロッククッキー」のつくり方を教えていただきます!

お家時間が増えるなか、ホットケーキミックスや小麦粉を使ってお菓子づくりをしてみた! という方も多いかもしれません。

その小麦粉を、玄米粉に変えてみませんか。

ミネラルや食物繊維も豊富な玄米粉なら、小麦粉では取れない栄養素を取れて、玄米粉ならではの食感も味わえます。

お家で簡単につくることができる! 「玄米粉」のつくり方はこちらから
簡単!玄米粉のつくり方【意外と使える!玄米粉の活用レシピ その1】

* * * * * * *


第1回である前回は、基本である「玄米粉」をつくっていきました。

玄米は粉になると活用法もさまざま。今回は手軽に取り入れられるおやつに活用!玄米粉のほろっと優しい味わいがうれしい「アメリカンロッククッキー」です。


アメリカンロッククッキーの作り方

<材料(24個分) >
・玄米粉 140g
・ベーキングパウダー 2g
・バター 100g
・きび糖(砂糖) 50g
・鶏卵(M) 1 個
・チョコチップ 30g
・アーモンドスライス 30g
・コーンフレーク 40g

作り方


準備 鶏卵とバターは常温にして置く  


1. ボウルにバターときび糖(砂糖)を加えてクリーム状になるまで混ぜる


2. 1に溶いた卵を3回に分けて加えてよく混ぜ合わせる


3. 玄米粉とベーキングパウダーを合わせたものを3回に分けて加えてよく混ぜ合わせる


4. チョコチップ・コーンフレーク・アーモンドスライスを加えてざっくりと混ぜる


5. クッキングシートをのせた天板に濡らしたティースプーンで生地を乗せる(3×4で2回焼きます)


6. 濡らしたスプーンで生地の表面を軽く押す
180℃で予熱したオーブンで12~15分焼いたらできあがり

* * * * * * *

いかがでしたか? 小麦粉が売り切れていた!という時にも、「玄米粉」があれば様々な場面で活用できます。次回も、そんな「玄米粉」を使用したレシピをご紹介していただきます。お楽しみに!


■残留農薬不検出で安心な「スマート米 玄米」

全国各地のこだわりの農家さんとお米づくりをしている「スマート米 玄米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米食も安心です。白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。