腰痛に悩む農家にアシストスーツ4種類を無料レンタル 「腰痛ゼロプロジェクト」実施中

アシストスーツの開発・展開を行うユーピーアール株式会社は、2020年4月20日(月)の「腰痛ゼロの日」より、腰痛に悩む人々の解放を目指す「腰痛ゼロプロジェクト」を実施中だ。

本プロジェクトでは、腰痛に悩む方々に対する体験型イベントや様々なコンテンツの発信とともに、プロジェクトを一緒に盛り上げてくれる協賛企業様を募集。さらに、プロジェクト始動を記念して、腰痛に真剣に悩んでいる企業を対象に「アシストスーツ無料レンタル」も実施する。




4人に1人が腰痛に悩む日本の状況を変えるために

厚生労働省によれば、現在日本で腰痛に悩んでいる方は約2800万人(厚生労働省の国民生活基礎調査 2016年より)、4人に1人と非常に多く、近年では腰痛に関する離職等が社会問題となっている。

本プロジェクトを実施しているUPRは、物流・製造・農業・介護など多岐にわたる業界において、腰や身体の負担を軽減するアシストスーツの提案を10年に渡って実施しており、昨今の働き手の高齢化や女性活用などに着目し、老若男女、さまざまな方が健康で幸せに、長く働ける環境づくりをサポートしてきた。2019年には腰痛と離職に関する調査を実施し、さまざまな業界の腰痛のエキスパートを招き、腰痛予防のキーワードである「良姿位(りょうしい)」についての対談を行い、多数の反響も得ている。

今後もより一層健康に関する労働環境の改善が求められることから、2020年4月20日(月)より「腰痛ゼロプロジェクト」を始動することとなった。


ともに研究・情報発信できる協力企業を募集中

今回の「腰痛ゼロプロジェクト」では、UPRの考えに共感してもらえる企業、今後腰痛ゼロに関するイベント等に参加できる企業を募集している。

具体的には、下記のような参加条件がある。
  • 本プロジェクトの目的に共感いただける
  • 腰痛に関わる商品、サービスを取り扱っている、今後取り扱う予定がある、もしくは腰痛に関する活動、研究をしている
  • 腰痛ゼロを目指すための情報発信に積極的にご参加いただける
  • 本プロジェクトの活動に積極的にご参加いただける

今後の腰痛ゼロプロジェクトの内容としては、参加企業の商品やサービスなどをいっせいに集めた「腰痛ゼロ体験会」、腰痛に関する有識者を呼んでテーマを設けた啓蒙活動も兼ねた「腰痛ゼロセミナー」、毎年4月20日にプロジェクトに貢献した企業の表彰、1年間の振り返りなどを行う「腰痛ゼロ総会」、そして「#腰痛ゼロ」をつけてSNSなどで活動を知ってもらう「腰痛ゼロSNS情報発信」などが予定されている。

4種類のアシストスーツをまとめて14日間レンタル

また、腰痛について真剣に悩んでいる企業を募集し、腰痛の悩みを解決するためにUPRが提供するアシストスーツを限定10社に無料でお貸し出す。動力のあり・なしなどによって4種類展開しているUPRのアシストスーツをまとめて14日間レンタル。4種類を同時に体験することで、着脱から実業務までの使用感を比較でき、作業環境に合ったアシストスーツを見つけることができるという。

募集は5月20日(水)までで、応募フォームからオンラインで行う。対象企業には農業も含まれている。参加条件としては公式サイトでの企業情報公開やメディア取材、アンケート回答などが設けられている。

「アシストスーツ無料レンタル」詳細

【募集期間】2020年4月20日(月)~5月20日(水)
【対象企業】物流・製造・農業・介護・サービス業の現場の腰痛問題について真剣に改善を検討している企業
【参加条件】
▶UPRの公式HP上での社名・写真掲載可
▶使用シーンの撮影協力可
▶メディアへの取材対応可
▶アシストスーツ関連のアンケートへの回答


【レンタル対象アシストスーツ】
▶サポートジャケットBb+FIT(SLIM&WIDE)
▶サポートジャケットBb+PRO
▶サポートジャケットEp+ROBO※4
上記機種、各1台ずつを予定

【抽選結果の連絡】5月中旬より順次連絡
※対象企業は抽選
※介助に利用の場合はEp+ROBOは対象外


腰痛ゼロプロジェクト
https://www.upr-net.co.jp/suit/420project
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。