農水省と関係6府省、バイオマス産業都市の実現を目指したプロジェクトを募集

農林水産省は、木質や食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物等の資源を有効活用するバイオマス産業都市構想の実現を目指したプロジェクトの募集を2020年7月27日(月)より開始した。バイオマスを活用した地域づくりを目指す地方自治体および企業・団体が対象。募集期間は2020年9月18日(金)までとしている。

今回の募集は、同省が2012年9月に内閣府、総務省、文部科学省、経済産業省、国土交通省、環境省ら関係6府省と共同で取りまとめたバイオマス事業化戦略の一環によるもの。バイオマス産業都市の実現に向けたアイデアを広く募集することで地域の雇用創出や活性化につなげたい考えだ。


バイオマス事業化戦略は、バイオマス資源を活用した新事業の創出を支援する指針。この指針には、日本の農村部や都市部に豊富に存在するとされるバイオマス資源を有効活用した循環型社会の実現に向けた戦略が示されている。

バイオマス事業化戦略の基本方針
  1. 技術とバイオマスの選択と集中による事業化の重点的な推進
  2. 原料の生産から収集・運搬、製造・利用までのシステムを一貫して構築
  3. 地域産業の創出と自立・分散型エネルギー供給体制の強化
  4. 事業者等の参入を促す安定した政策の枠組みの提供

先導性・実現可能性・波及効果・実施体制等を基準に実施地域を選定


バイオマス産業都市構想は、再生可能エネルギーであるバイオマスを活用した地域づくりを目指す都市構想だ。

現在、全国90の市町村がバイオマス産業都市として認定されており、2019年の募集では北海道八雲町、岩手県軽米町、栃木県さくら市、長野県中野市、福岡県朝倉市、佐賀県玄海町、大分県竹田市の提案が採用された。

出典:農林水産省
審査方法は、バイオマスに関する技術や取り組みの先導性、実現可能性、地域への波及効果、実施体制等を評価基準に、有識者らで構成された選定委員会が審査・ヒアリング等を実施して同省および関係6府省に推薦する流れだという。

選定された地域は、同省らが組織するバイオマス産業都市関係府省連絡会議を通じて、各府省が推進する施策や制度、規制等の相談・助言等が受けられるそうだ。

応募方法については、バイオマス産業都市構想の提案書および参考資料を各地域の農政局等に郵便にて提出とのこと。

募集要項


2020年度バイオマス産業都市募集
募集期間:2020年7月27日(月)~2020年9月18日(金)
募集対象:バイオマス活用した地域づくりを目指す地方自治体および企業・団体
問い合せ先:各地域の農政局等

今後のスケジュール
選定委員会が審査・評価を行い選定推薦案を作成(2020年11月中)
推薦案を基に同省および関係6府省が共同で地域を選定(2020年11月中)


農林水産省2020年度バイオマス産業都市募集要領
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bio_s/attach/pdf/200727-1.pdf
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。