エアロネクスト、対象への接近や狭所侵入が可能なドローン「Next INDUSTRY」発表

株式会社エアロネクストは、独自技術「4D Gravity」を搭載した産業用ドローン「Next INDUSTRY」を発表した。価格は500万円からで、2018年内の販売開始を予定している。


「4D Gravity」は飛行中のドローンの重心を最適化し、燃費、速度、信頼性といった基本性能を向上させる技術。用途に合わせて重心を制御することにより、これまで不可能だった挙動を実現する技術。Best of Japan Drone award 2018の「ドローン関連テクノロジー」部門で最優秀賞を受賞してした。

この技術を搭載した「Next INDUSTRY」は、プロペラとカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を離すための機構を取り入れ、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や、狭い空間への侵入を可能とした。これにより、インフラ点検や検査測量、警備、農業等への応用が可能。

たとえば、地上警備では、プロペラ上部1mの位置に360度VRカメラを設置し、地上給電ケーブルを経由して24時間高画質な映像で監視できる。また、壁面検査では従来のドローンではビル風などで近づけなかった距離まで近づけることで、細い隙間やより近距離での検査が行える。橋梁検査では、プロペラの上空4mに各種カメラやセンサーを配置し、乱気流で近づけなかった距離からチェックできるという。

<参考URL>
株式会社エアロネクスト
https://aeronext.blue/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。