生産者と消費者を結ぶ直販サイト「OWNERS」、「お取り寄せ」市場に拡大

生産者から消費者に直送するD2C(Direct to Consumer)プラットフォーム「OWNERS」を運営する株式会社ukkaが、ベンチャーキャピタル3社、メルカリ小泉氏を含む個人投資家計3名を引受先とする第三者割当増資を実施。総額1億2000万円の資金調達を実施し、「OWNERS」をファンやお得意様といった消費者の特別感を販売に結びつける「お取り寄せ」市場にも拡大させる。

撮影:水津 惣一郎

生産者と消費者のニーズを直接マッチングする「OWNERS」

OWNERS は、小規模でも強いこだわりを持って作られる食材を、ストーリーとともに、最も旬の時期に生産者から直送する仕組みを提供する直販サービス。この仕組みは、生産者側のキャッシュフローが悪い、価格決定権がなく売価が安い、規格外品が流通しない、食べる人の顔が見えない、といった生産者側の課題を解決すると同時に、消費者側の「特別なものを食べたい」「最も美味しい時期に新鮮なものを食べたい」「食の裏側を知りたい」といったニーズをマッチングする。


2019年5月時点では、全国100以上の農業・水産・加工品の生産者と連携し、生産者によっては年数百万の売上げを確保するなど、新たな直販手段としても機能している。昨年からは三菱地所グループや地方自治体との連携を実施し、都内マンションやレストランにおいても利用機会の創出と拡大を進めていく。

今回の資金調達により「オーナー制度」の仕組みをより高付加価値なものにしつつ、同時に日常使いの単発購入や、お気に入り生産者・食材のサブスクリプションなど、ニーズに合わせての販売形態の多様化を実施。 今後は、全国の生産者のストーリーを可視化し、こだわりを持って生産したものを様々な形で直接販売できる「一次産業のD2Cプラットフォーム」として、生産者直販サービスのスタンダードを確立していきたいとしている。

1兆3000億円の「お取り寄せ」市場を再定義

OWNERSがアップデートするのは、「お取り寄せ」の領域。その市場規模は1兆3000億円(※)を超えるにもかかわらず、過去20年ほど販売形態に変化はなかった。ukkaは、効率を追求した工業的な食が増加すればするほど、その逆の、旬やストーリーを重視する食、共感型・参加型の購入スタイルに対するニーズが益々高まっていくと考えている。

収穫直前まで完熟させ皮ごと食べられるAOKI FARMの「樹上完熟イチジク」
従来の「お取り寄せ」は、ランキングやメディア掲載、価格、色/重さ/形といった情報を基準として選択せざるを得なかった。一方で、OWNERSが目指す「お取り寄せ」は、作り手の背景を知り、直接つながりを持ちながら持続的に購入していくことができる仕組み。

瞬間的な欲求を満たす消費ではなく、「ファンだからこそ買える」「お得意様」といった特別感、参加感や体験までを含めた価値を創出することにより、「お取り寄せ」をアップデートしていくとしている。

(※)矢野経済研究所「2018年版 食品の通信販売市場」チャネル別市場規模構成比参照

投資家(一部)コメント

W ventures 代表パートナー 東氏
「日本の一次産業が抱えている課題は大変大きく、テクノロジーによる解決が期待される分野が多くあると認識しています。ukkaは元Aiming CTO小林氏をはじめとした、日本でも稀に見る、テクノロジーに強みを持ったアグリテックベンチャーです。「100年後に続く食と農のあるべき形を創る」という熱い思いと、最先端のテクノロジーをかけあわせて、生産者と生活者の新しい関係を作り、日本の一次産業を変えてくれていってくれると信じています。ukkaが変える日本の一次産業の未来を大変楽しみにしています」

KVP 代表パートナー 長野氏
「OWNERSはただのコマースではなく、生産者の想いを最大化させるプラットフォームを志向しており、そのビジョンは素晴らしいと感じました。OWNERSが目指すオーナー制度は日本の一次産業に変革をもたらす可能性がありますが、新しい概念なので困難も多いかと思います。ただ、谷川さん、小林さんはじめとしたこの素晴らしいメンバーであればやりきれると感じ、KVPとしてぜひ投資させて頂きたい思いました」

小泉文明(株式会社 メルカリ 取締役社長兼COO)
「OWNERSは難しく言えば「今までの仕組みを変える新しい食のプラットフォーム」であり、簡単にいえば「めちゃくちゃ美味しい食べ物が買える最高なサービス」である。是非OWNERSでぽちっと買い物を楽しんでもらいたい。家に最高の食材が届くことをお約束するし、届くまでが楽しみで仕方ない。OWNERSで働くチームもモチベーションが高く、今後の成長が楽しみな会社であり、株主として応援していきたい」

西川 順(株式会社エウレカ 共同創業者)
「今までの一次産業の流通の仕組みでは、生産者側の課題と、消費者側のニーズどちらも解決しきれていませんでした。しかし、OWNERSは、それらの解決策になり得ると同時に、私たち消費者に新たな価値と体験を提供してくれる素晴らしいプラットフォームです。日本だけではなく、海外にもマーケットチャンスがあるOWNERSのチャレンジを可能な限りサポートさせていただきたいと思っています」

<参考URL>
ukka会社
OWNERSウェブサイト

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  2. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  3. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  4. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  5. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。

RECOMMEND