都市農業ビジネスを東京で実践する指南書「東京農業クリエイターズ」発売

イカロス出版株式会社より、「東京農業クリエイターズ」が5月28日に発売された。


都会の小さな畑(農地)で生産した農産物を、ただ販売するだけでは、事業として成り立ちにくいのが現実だ。そのため農業では、農産物を加工したり、ブランディングして付加価値を付けたりという“6次産業化”が推進されてきた。しかし、消費者が目の前にいる都会の農業には、もっと別の手段もある。都会の消費者のニーズをくみとり、都会の農地を使ってそれに応える方法に知恵を絞り、ユニークなビジネス・活動を展開する人々を、本書では“農業クリエイターズ”と名付けた。

彼らの年代は、農業界では希少な20〜40代。農外からの新規就農者、学生起業家、デザイナーやプランナー、都内で400年続く農家の後継ぎなど、さまざまな立場の人がいる。そんな東京で活躍する農業クリエイターたちの姿を、いきいきと紹介。

著者は、13年前にTV番組ディレクターという異業種から、大規模な企業農業をおこなう会社に転職し、現場でがむしゃらに農業のビジネス化に取り組んだという株式会社農天気 代表取締役農夫の小野淳。今では婚活イベントの定番になった「畑で婚活」、ユニークな「畑で忍者修行」、インバウンド向け畑&観光ツアー、学生と連携しての異文化交流イベント、「東京で農泊」ビジネスといった“農食エンタメ”による農サービスをビジネスにしようと思ったきっかけ、サービスの考え方、コンテンツの作り方、農地の借り方や地域・農家とのコラボレーションの方法など、農サービス事業を展開する具体的なノウハウもくわしく開示している。

書籍情報】
『東京農業クリエイターズ』
著者:小野淳(株式会社農天気 代表取締役農夫)
出版社:イカロス出版株式会社
四六判 231ページ
発刊:2018年5月28日
価格:1500円(税抜)


<参考URL>
イカロス出版株式会社
http://www.ikaros.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。