日本の農産物の 「美味しさ」 と 「知財」 を世界へ、 日本農業が資金調達を発表

株式会社日本農業が、株式会社デンソー、オイシックス・ラ・大地株式会社らを引受先とする、第三者割当増資および複数の金融機関からの融資等による総額約8億円の資金調達を発表した。




株式会社日本農業とは?

日本農業は、日本の農産物の輸出や品種の保護などを主なビジネスとするスタートアップ企業で、タイやインドネシア、フィリピン、香港、台湾など東南アジアを中心に農産物を輸出している。


当社ブランド「ESSENCE」
特に、インドネシア、タイ、フィリピンの3カ国においては、同社のブランドリンゴである 「エッセンス」 が、日本産リンゴの中で市場シェアトップを誇る。
農産物の輸出コンサルティング事業も行っており、海外市場調査や事業計画立案の支援、マーケティング戦略立案や貿易に関する書類作成など、輸出を検討している生産者を総合的かつ多方面から支援しているという。

世界中の人々に日本の農作物の美味しさを届けることを目指しており、日本の優良品種の不正流出や無断栽培の防止を目的とした活動にも意欲的だ。

タイのスーパーにおける日本産リンゴのサンプリング日本産リンゴのサンプリング(タイのスーパー)

調達資金の使途


今回の調達で得た資金は、タイにおける日本品質の青果の生産実証のほか、品種の知財保護策立案や国内農園への出資、東南アジアにおけるマーケティング費用や採用費用に充当していく方針だ。調達先企業のコメントは以下の通り。

■資金調達先のコメント


株式会社デンソー AgTech推進部長 加藤 治彦氏(かとう はるひこ)
日本農業は、日本の豊かな食文化をグローバルに広げるため、生産から販売までさまざまな取り組みを実践しています。当社はその取り組みに共感し、今後直面するであろう課題に対し、可能な限りの支援を実施していきます。

オイシックス・ラ・大地株式会社 取締役 経営企画本部 本部長 松本 浩平氏(まつもと こうへい)
日本農業は、輸出を増やすという視点から、日本の農業の未来を考えています。今後の人口減少を考え、日本で農業を頑張っても売り先が無いという問題の解決につながるため、当社の取引先の農家もとても興味を持っております。当社では、得意とする商品供給での支援など、できる限り実施することで、成長の支援を実施してまいります。

日本農業が目指す世界


日本の農業は、限られた土地の中で品質向上に努めてきた農家の存在により、高品質な農産物を作ることにおいて世界でもトップクラスの技術を有するといわれている。

一方で、販売先は主に国内市場が中心であり、コスト面で優位性のある海外産品目の流入による競争の激化や人口減少に伴う需要減など、危機的局面を迎えているのも事実だ。

さらに近年では、日本の優良品種に目を付けた海外の業者が、知財を国外へ持ち出し無断で栽培・販売するなど、日本の農家に入るはずの利益が国外へ流出している可能性も指摘されているという。

同社では 「日本農業が目指す世界」 として、以下3つの目標を掲げている。

  1. 海外の輸出販路を開拓し、付加価値のある商品が作った分だけ適切な価格で販売できる環境を創る
  2. 優良なメイドインジャパンの品種を保護し、それらを栽培したいと思う海外農家を開拓
  3. 農産物のライセンスビジネスを推進することにより、日本の農業を「儲かる産業」へ転換

今後は東南アジア以外の事業展開も推進し、政府が掲げる農林水産物・食品の輸出額1兆円達成の牽引役として邁進していく考えだ。

<参考リンク>
株式会社 日本農業
株式会社デンソー
オイシックス・ラ・大地株式会社
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。