おいしくて安心な新米「スマート米2021」の生産農家さんを紹介します【黒石・大平さん】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は青森県黒石市で節減対象農薬50%以下のつがるロマンを作っている大平裕和さん(株式会社大平ファーム)に、2020年の新米やスマート農業について聞きました。

大平さんの「スマート米 黒石 つがるロマン 節減対象農薬50%以下」販売はこちら


青森県民が愛する地元のお米「つがるロマン」


「つがるロマン」は、青森で生まれたブランド米です。

品質を守るため、県内でも気象条件に恵まれた地域のみで作られており、大平ファームのある黒石市はそのうちの一つ。豪雪地帯のためミネラルを含んだ雪解け水が豊富で、自然災害が少ないこともあり、美味しいお米を作るのに適している土地です。

つがるロマンは他の品種と比べると比較的歴史は浅いですが、1997年に誕生以来、青森県で広く親しまれている人気のお米。

大平さんはお米の特徴について、「味や粘りのバランスが良く、あっさりとしていて食べやすいので、和食など薄味のおかずと食べるとお米の味が際立つと思います」と話してくれました。


大平さんの「スマート米 黒石 つがるロマン 節減対象農薬50%以下」販売はこちら

ドローンを使って安全でおいしいお米に


おいしさだけではありません。大平さんが作るのは、スマート農業で農薬使用を抑えたあんしんなお米。「節減対象農薬50%以下」を実現しています。

「節減対象農薬50%以下」とは、農林水産省のガイドラインにて定義されている「節減対象農薬」が、各都道府県が定める慣行レベルと比較して、50%以下の使用回数で栽培されたお米のこと。

「今年は除草剤を植え付け前に1度だけ使用しましたが、生育期の除草剤や病害虫を防ぐための農薬は散布していません。そのため残留農薬の心配もなく、どなたでも安心して召し上がっていただけます」


「スマート米」に取り組んで2年目となる大平さん。あんしんで安全なお米づくりのために、今年は新技術も取り入れたそうです。

ドローンによる空撮で雑草と病害虫の検知を行っていました。それに加えて今年からは、追肥の時期に空撮で稲の色など生育状況を見て、必要な場所にだけドローンで追肥をしていく『ピンポイント施肥』も行っています。

昨年と比べても収量も安定してきたと感じています。収量は多くなりすぎても食味に影響が出てしまうので、スマート農業の技術を活用しながら適切な収量を保ち、美味しいお米作りに役立てて行きたいです」


今後についても、「これからも丹精込めて前年を超える美味しいお米を作っていきますので、2020年産の黒石のつがるロマンを楽しみながら味わってみて下さい」と語ってくれました。

そんな大平さんのお米をぜひ一度食べてみてください。

大平さんの「スマート米 黒石 つがるロマン 節減対象農薬50%以下」販売はこちら

新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集