カレーにぴったりなお米です!青森でまっしぐらを育てる佐藤さん【スマート米2022農家紹介】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は青森県黒石市で残留農薬不検出の「まっしぐら」を作っている佐藤拓郎さん(株式会社アグリーンハート)に、2021年度産の新米やスマート農業について聞きました。

佐藤さんの2021年度産新米「スマート米 黒石 まっしぐら 残留農薬不検出」販売はこちら



青森生まれの新しいブランド米「まっしぐら」


2006年に青森で生まれた新しいブランド米「まっしぐら」。青森の気候に合わせ、県内全域で栽培できるように開発されました。

佐藤さんがお米作りをする黒石市は、青森県のほぼ中央に位置します。東には八甲田連峰が連なり、豊かな自然と良質な土壌、豊富で清らかな雪解け水に恵まれた、青森県有数の米どころでもあります。

「まっしぐらは甘みと香りに優れ、食べ応えもあるため、カレーや丼物などとも相性バッチリ」と佐藤さん。粘り気は少なくさっぱりとした味わいながらも、適度な弾力があるお米です。


佐藤さんの「スマート米黒石 まっしぐら残留農薬不検出」販売はこちら

スマート農業をフル活用したおいしくて安全なお米


佐藤さんの圃場では、トラクターで田んぼに直接種を蒔く「V溝乾田直播」という栽培方法を採用しています。

「この栽培方法は、通常の移植栽培と比べて種を2倍以上蒔くことで、密植状態になり食味が良くなることもわかっています」

さらに、スマート農業を積極的に取り入れ、“残留農薬不検出”を実現しています。

残留農薬不検出とは、玄米の状態で第三者機関の検査により残留農薬が「不検出」と証明されたお米のこと。みんなが安心して食べられるお米です。


また、使用するドローンを手動タイプから自動飛行タイプへ変更し、効率アップにも成功しているそう。

「ピンポイント除草」や「ピンポイント施肥」といったスマート農業技術もフル活用し、画像解析で検知された部分のみに除草剤を散布したり、肥料むらがあった場所にピンポイントで肥料を散布するなど、安心でおいしいお米作りに邁進しています。


今後について、「スマート農業の技術に関しては、栽培方法が特殊なためダブルチェックが必要など、まだまだ課題はありますが、さまざまな技術を活用して改善を行いながら、さらに美味しいお米を作っていきます」と思いを聞かせてくれました。

「甘みや香りなどの味の良さはもちろんのこと、ひと粒ひと粒の美しさが自慢」という佐藤さんのまっしぐらを、ぜひ味わってみてください。

佐藤さんの「スマート米 黒石 まっしぐら 残留農薬不検出」購入はこちら
スマート米2022(21年度産米)スマート米 黒石 青森県産 まっしぐら 1.8kg

■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集